1. ホーム
  2. 観光事業
  3. 国別ガイド
  4. タイ
  5. おもな見所

おもな見所

バンコク近郊

旅のヒント
旅のヒント
ときにはバンコクの雑踏を離れ、郊外に足を延ばしてみるのもおすすめです。バンコクとはまたひと味違うおもしろいスポットで、ユニークな体験ができるでしょう。以下はおおむねバンコクから車で約1時間。バスやタクシーでアクセスできますが、現地の旅行会社が催行している日帰りツアーに申し込むのも便利です。日本で探すなら旅行会社やインターネットを通じて、現地で探すならホテルのインフォメーションや日本語のフリーペーパーを活用しましょう。
03-バンコク近郊map

サンプラン・リバーサイド(旧ローズ・ガーデン)

約24ヘクタールの敷地内で、タイの文化を紹介するレジャーランド。ゾウの曲芸、タイの文化ショー、タイ舞踊教室、伝統工芸の実演所など、外国人が手軽にタイの文化や風俗に触れられる施設となっています。

ローズ・ガーデン

ダムヌン・サドゥアク水上マーケット

かつて水路の街として知られたバンコクでは、商品を積んだ小舟が行き交う水上マーケットが発達していました。今では失われつつある風情を残そうと政府が開発したマーケットが、バンコクから80キロメートルほどのラチャブリー県にあります。生活雑貨やみやげものを商う舟に混ざって、麺類やお粥など売る舟があるのもユニーク。狭い小舟の上で器用に調理、販売する光景に驚かされるでしょう。活気づくのは朝7~8時なので、早起きして出かけてみてください。

ダムヌン・サドゥアク水上マーケット

ワニ園

3万匹ものワニを飼育するワニ園です。もとはワニ皮製品に使うワニを養殖していた施設ですが、現在は観光施設としてにぎわっています。最大で体長9メートルに及ぶ大きなワニを筆頭に、園内では大小さまざまなワニをじっくり観察可能。エサやり体験や、飼育係とワニの格闘ショーも人気です。

ワニ園

ナコン・パトム

パーリ語で「最初の都市」を意味するナコン・パトムは、タイ最古の街として知られる古都です。インドから仏教が初めて伝来した地と伝わり、7~9世紀にはモン族の王国の都があったといわれています。最大の見どころは、高さ120.45メートルと世界最大の仏塔であるプラ・パトム・チェディー。3世紀頃に建てられたタイ最古の仏塔ともいわれ、19世紀にラマ4世によって改修されています。バンコクから西へ、車で約1時間です。

ナコン・パトム

パタヤ

1960年代にアメリカ軍の保養地として開発されたビーチリゾートです。多数のホテルやレストランが建ち並ぶパタヤ・ビーチ、その南側には地元の人でにぎわうジョムティエン・ビーチがあり、ビーチアクティビティーや宿泊施設も豊富。レストランやバー、郊外のテーマパーク、ウォーキン・ストリートをはじめとした夜のにぎわいまで、多様な魅力を持つリゾートといえるでしょう。バンコクから車で約2時間と近く、欧米人を中心ににぎわっています。

パタヤ

カンチャナブリ

ナコンパトムのさらに西、ミャンマーとの国境に近いエリアにある町です。アユタヤ朝時代、ビルマ(現ミャンマー)からの侵入を防ぐために整備された歴史ある地ですが、この町を有名にしたのは映画『戦場に架ける橋』(1957年)でしょう。映画で描かれたとおり、第二次世界大戦中には、日本軍がビルマへの鉄道を建設するために多くの犠牲者を出しました。悲劇のシンボルともいえるクウェー川鉄橋を中心に戦争の爪跡を見ることができます。また、周辺には国立公園に指定されている雄大な自然が広がっていて、バンコク周辺では屈指のネイチャースポットとしても知られています。エレファントトレッキング、ミャンマーとの国境と少数民族の村訪問など、ツアーも豊富です。

カンチャナブリ