1. ホーム
  2. 観光事業
  3. 国別ガイド
  4. シンガポール

シンガポール

国内交通

1.空港から市内へ

  • シンガポール・チャンギ国際空港から市内へ

    空港から市内まではおよそ20キロメートル。エアポートシャトルやタクシーのほか、バスやMRTを利用することもできます。所要時間、荷物の多さ、予算に合わせて選びましょう。

    • エアポートシャトル
      乗り合いのバンタイプの交通機関で、市内の主要ホテルと商業地区へ運行しています。到着ホールに設けられているカウンターで申し込みます。行き先を告げてチケットを受け取り、出発の案内があったら乗車。運賃は運転手へ直接支払うシステムです。市内までは所要約30~50分。料金はS$9。
    • タクシー
      1階到着ホールに乗り場があります。市内までは約20~30分。よほどの渋滞時以外は、もっとも早く市内に着くことができる移動手段です。空港から利用する場合は特別料金が加算されていて、合計S$20~30ほど。全てのタクシーにメーター制が導入されています。
    • MRT
      空港の第2、第3ターミナル地下1階にチャンギ国際空港駅があり、市内へダイレクトに乗り入れている東西線(EW線)に乗車できます。運賃はS$2.4~。大きなスーツケースなどは所定の荷物置き場を利用するのがマナーです。
    • 路線バス
      目的地によっては乗り換えが必要となりますが、おおむねS$2.6ほどで市内へ行くことができる安価な移動手段。空港の地下1階に乗り場があり、10~15分おきに運行しています。所要時間は1時間ほどを見ておきましょう。
シンガポール・チャンギ国際空港の到着ホールシンガポール・チャンギ国際空港の到着ホール

2.MRT・LRT

清潔、安全で冷房も効いていて乗り方も容易。市内に滞在する場合、もっとも利用しやすいのがMRT(Mass Rapid Transit)と呼ばれる地下鉄です。東西線、南北線、北東線、サークルライン、ダウンタウン線の5路線が、市内の主要な場所を結んでいます。
切符は、スタンダードチケット(乗車毎に料金をチャージで6回使用可能)、イージーリンクカード(プリペイド)、シンガポール・ツーリストパス(旅行者向けの乗り放題パス)があります。
MRTと共通チケットで、高架を走るLRT(Light Rail Transit)もあります。

MRTのプラットフォームMRTのプラットフォーム

3.タクシー

シンガポール国内を走るタクシーは全てメーター制。清潔で安心して利用することができます。CBDと呼ばれる市内中心部への時間帯に応じた乗り入れ料金が課されるうえ、CBD内ではタクシーを通りで止めるのは違法となるので。タクシースタンドを利用しましょう。

タクシータクシー

4.配車サービスアプリ

配車サービスのアプリ利用が広く普及しています。「グラブ(Grab)]が一般的で、事前にアプリのダウンロードと、オンライン決済にはクレジットカードの登録が必要です。

5.レンタカー

郊外に足を延ばす際に便利なのがレンタカー。空港1階到着ホールにレンタカー会社の受付があり、日本から予約していけばスムーズに借りることができます。ただし、中心部は一方通行や時間帯による通行規制などがあるため、運転には注意が必要です。

6.バス

MRTがカバーしていないエリアにもアクセスできる便利な交通手段ですが、路線が複雑で車内アナウンスもなく、旅行者はある程度慣れる必要があります。運賃はS$1.5~です。MRTも利用できるezlink(プリペードカード)を購入しておくと便利で、乗降時の2回センサーにかざします。

2階建てダブルデッカーのバス2階建てダブルデッカーのバス

7.その他

シンガポール川やマリーナエリアを移動するリバータクシーは、景色を楽しみながら移動に最適です。乗船場所は、運行会社によって変わります。
チャイナタウンやブギスなどで目にするトライショーは、自転車にサイドカーを取り付けた乗り物です。数は少なくなり、主に観光用となっています。
セントーサ島へは、ケーブルカーを利用することもできます。

ケーブルカーケーブルカー

7.マレー鉄道の旅

シンガポール、マレーシア、タイを結ぶマレー鉄道の全長は約2000キロメートル。移動手段としてだけでなく、列車に乗ること自体を楽しむ「鉄道の旅」としても人気です。マレーシア国内ではバターワースやクアラルンプール、ジョホールバールを通る西海岸ルートもあり、1~3等車を用意。次々と変化する車窓風景や、車内での地元の人々との触れ合いなど旅行気分を盛り上げてくれるでしょう。

マレー鉄道の車内マレー鉄道の車内