1. ホーム
  2. 観光事業
  3. 国別ガイド
  4. シンガポール
  5. おもな見所

おもな見所

マリーナベイ / シティ・ホール

旅のヒント
旅のヒント
マーライオンが建つマリーナ・ベイとそこに流れ込むシンガポール川河口部を囲むように広がる、今も昔もシンガポールの中心的エリア。クラシカルなコロニアル調の建物や高層ビルが渾然一体となり、19世紀以降のシンガポールの発展の歩みを感じることができます。すべてを徒歩で巡るには広範囲となるので、川沿いのエリアとそれ以外を分けて移動するといいでしょう。
02ƒVƒeƒBmap_outline
02ƒVƒeƒB_MRT˜Hü}_outline

マーライオン公園

シンガポールのシンボルといえば、マーライオン。頭がライオン、体が魚というユニークな姿の像が、マリーナ・ベイのもっとも奥まった場所に建っています。高層ビルやコロニアル様式の建造物をバックに口から水を放出する姿は、一度は目にしたことがあるでしょう。夜はライトアップされます。なお、像の背後にはミニ・マーライオン像もあるのでチェックをお忘れなく。

マーライオン公園

シンガポール・フライヤー

2008年3月にオープンした、高さ165メートルの世界最大の観覧車。42階建てビルに相当する高さからは、高層ビルが建ち並ぶマリーナ・ベイから郊外、さらには無数の船が航行するマラッカ海峡、晴れた日にはインドネシアやマレーシアまでを一望。特に夕暮れから夜景が楽しめる時間帯が人気となります。1回転約30分のフライトで、ガーデンシティを空から眺める感動が体験できるでしょう。他に、カクテル付、食事付のフライトも好評です。

シンガポール・フライヤー

アジア文明博物館

シンガポール川河口近くの左岸に建つミュージアム。白亜のコロニアル様式の建物は、1854年に東インド会社の庁舎として建設された重厚なものです。展示内容は、現在のシンガポールの源流といえるアジア各国の文化、民族、歴史、宗教など。東は中国、西はイスラム文化圏まで含む豊富な展示物を通して、アジア全域の歴史文化を一堂に見ることができる、世界的に貴重な博物館といえるでしょう。

アジア文明博物館

ラッフルズ卿上陸地点

アジア文明博物館の裏手、川沿いに建つラッフルズ卿の像。1819年、イギリス東インド会社の副総督として来航し、都市国家シンガポールの基礎を築いたラッフルズ卿が上陸の第一歩を踏んだと伝わる場所です。高層ビルと川を背景に、腕組みをして高台から人々を見下ろす姿は少々誇らしげでもあります。

ラッフルズ卿上陸地点

ヴィクトリア・メモリアルホール&シアター

1860年頃に建てられた当初は市庁舎でしたが、1905年に英国ヴィクトリア女王載冠50周年を記念してメモリアルホールを増設。以降、劇場として活用されてきた歴史を持つ建物です。現在はシンガポール交響楽団の本拠地となっていて、頻繁にコンサートが開催されています。

ヴィクトリア・メモリアルホール&シアター

聖アンドリュース大聖堂

ラッフルズ卿の命を受け、1856年から1863年にかけて建造されたゴシック様式の美しい教会です。シンガポールにおける英国国教会の頂点となる教会でもあり、白亜の外観もさることながら礼拝堂の内部にあるステンドグラスは必見。また、ライトアップされた夜は昼間とは異なる幻想的な雰囲気をかもし出します。

聖アンドリュース大聖堂

エリザベス・ウォーク

エリザベス2世の王位継承を記念して名付けられた遊歩道は、シンガポール川左岸の河口部からマリーナ・ベイ左手に向かって延びています。昼夜を問わず地元の人や旅行者でにぎわうのは、高層ビル群をバックにしたマーライオン像や数々の歴史的建造物などシンガポールらしい風景が眺められるため。特に高層ビルの背後に夕日が沈み、建物がシルエットとなって浮かび上がる夕方は、カメラを携えた多くの人で混雑するビュースポットです。

エリザベス・ウォーク

マリーナ・ベイ・サンズ

マリーナ・ベイ・サンズは、エンターテイメントやビジネス、ショッピングに最適の場所で、一生に一度のマジカルな体験をお届けします。ランドマークともなっているマリーナ・ベイ・サンズは、ビジネス街の中心地に位置しています。ラグジュアリー・ホテルに、最先端の会議施設や展示施設、シアター、この地域最高のショップやレストランを備えたマリーナ・ベイ・サンズは、夢のような贅沢が体験できる場所です。

13s-40-1

戦争記念公園

ラッフルズ・ホテルやラッフルズ・シティの向かい側にある、美しい芝生の公園。園内に建つ高さ68メートルの塔は、「日本占領時期死難人民記念碑」と名付けられた第2次世界大戦時の戦没者を慰霊するもの。1942年2月15日の日本軍侵攻時、約10日間で数万人の市民が虐殺されたといわれています。

戦争記念公園

シンガポール国立博物館

1887年、ヴィクトリア女王の在位50周年を記念してラッフルズ図書館および博物館として建造された旧館と、2006年のリニューアル時に建てられた現代的なデザインの新館からなる国立博物館。新旧建築のみごとな対比はもちろん、旧館入り口にある50枚ほどのステンドグラスを埋め込んだドームは必見です。メインギャラリーとなる新館では、漁村時代から現代に至るまでのシンガポールの変遷を豊富な史料やパネルなどで紹介しています。

シンガポール国立博物館

プラナカン博物館

14~15世紀以降に中国からマレー半島に移り住み、現地のマレー系の女性と結婚した人々とその子孫は「プラナカン」と呼ばれています。互いの文化を融合させ、統治時代には宗主国の文化をも吸収して独特の華やかな文化を花開かせたことでも知られています。このプラナカン文化を豊富な展示物で紹介しているのが、2008年4月にオープンしたこちら。色鮮やかな食器や緻密なビーズ刺繍など、貴重な史料が集められています。

プラナカン博物館

シンガポール・アート・ミュージアム

シンガポール国立博物館のほど近くにあるアートの殿堂。バチカンのサンピエトロ大聖堂の影響を受けて1855年に学校として建設された歴史的建造物に18のギャラリーがあり、東南アジア全域から集められた現代芸術作品を常時展示。さらに、年間を通して世界各地の作品を集めたさまざまな企画展も開催しています。

シンガポール・アート・ミュージアム

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

中心街のマリーナ・ベイエリアからわずか徒歩5分の101ヘクタールに渡る素晴らしい公園は、25万以上の希少植物の生息地です。パークにはベイ・サウス、ベイ・イースト、ベイ・セントラルという3つのガーデンがあります。ウォーターフロントのプロムナードからは、マリーナ・ベイ金融街の素晴らしいスカイラインが楽しめます。

13s-40-2

リバー・サファリ・シンガポール

アジア初で唯一の「川」をテーマとした野生動物公園リバー・サファリで、5,000を超える動物に会いに行きましょう。8つの淡水生息環境が再現されており、オオカワウソやオオサンショウウオ、メコンオオナマズといった川に棲む巨大生物を見ることができます。淡水生物のギャラリーを歩いたり、情報の豊富な展示を見たりしながら、川の生息環境に棲む珍しい野生動物について学ぶことができます。

COLUMN コロニアルホテルの利用術

東南アジア最高峰との呼び声高いラッフルズ・ホテル、中央郵便局だった建物を利用したフラトンなど、シンガポールにはコロニアル様式の建物を使ったホテルがいくつかあります。宿泊料金は少々高くなりますが、シンガポールらしい滞在先としてぜひ検討してみたいものです。もちろん、カフェやレストランなどは宿泊しなくても利用可能。お茶とともに軽食やスイーツをいただくシンガポール流アフタヌーンティー「ハイ・ティー」も、クラシカルで美しい内装のサロンならひときわ優雅な気分で楽しめるはず。少しおしゃれをして足を運んでみてはいかがでしょうか。

COLUMN コロニアルホテルの利用術
COLUMN ナイトスポットへGO!

夜の市街を歩くと、オープンエアのスペースに並べられたテーブルでのんびりと食事をする人が多いことに気が付くでしょう。これが、シンガポール流の夜の楽しみ方。特に川沿いにはボート・キー、リバーサイド・ポイント、クラーク・キー、ロバートソン・キーなどの洗練されたレストラン街が続いていて、多くの人々が心地いい夜風の中で食事を楽しんでいます。ディナーの後は、リバーサイドでのそぞろ歩きを楽しみながら、さまざまな雰囲気のバーをはしごしてみては? 土曜日や祝前日なら深夜まで大勢の人々でにぎわっていて、シンガポールのナイトライフを満喫できます。ぜひ、体験してみてください。

COLUMN ナイトスポットへGO!