1. ホーム
  2. 観光事業
  3. 国別ガイド
  4. フィリピン
  5. おもな見所

おもな見所

セブ島

旅のヒント
旅のヒント
フィリピン群島のほぼ中央に位置するビサヤ諸島。その中心となるのが、南北約220キロメートル、東西40キロメートルほどと細長い形状をしたセブ本島です。最大の見どころとなるフィリピン第2の都市セブ・シティは、本島東海岸のほぼ中央にあります。1521年にポルトガルの冒険家マゼランが上陸したのをきっかけに、コロニアル様式の歴史的な建造物が相次いで建てられ、今もセブ・シティ観光のハイライトとなっています。
セブ島
COLUMN セブ島のビーチリゾート

フィリピンを代表するビーチリゾートとしてその名を馳せるセブですが、高級リゾートホテルが集まっているのは隣接するマクタン島。とはいえ、数こそ少ないものの、セブ本島にもいくつかのビーチリゾートが点在しています。観光客の集まるシティの喧騒から離れた隠れ家的な雰囲気のところが多く、落ち着いたリゾートライフが楽しめるでしょう。

COLUMN セブ島のビーチリゾート

サント・ニーニョ教会

1565年に建造されたという、フィリピン最古の教会。スペインの初代総督が建造し、マゼランがファナ女王に進呈したサント・ニーニョ(幼きイエス)像が納められています。高さ40センチメートルほどの小さなこの像は市民に熱狂的に崇められていて、週末ともなれば参拝客の長蛇の列ができるほどです。周囲には、この像のレプリカを売る露店が並んでいます。

サント・ニーニョ教会

トップス

セブ・シティから車で30分ほどの郊外にある展望台。セブ・シティやマクタン島、さらには紺碧のセブ海峡を一望することができます。24時間オープンしていて、夜はカップルでにぎわいます。なお、この展望台とセブ・シティを結ぶ交通機関はないので、見学する際は帰路の足も事前に確保しておきましょう。

マゼラン・クロス

フィリピン初のキリスト教徒であるフマボン王とファナ女王が洗礼を受けたことを記念して、マゼランが1521年に建てたという十字架。この破片が万病を治すと信じられ少しずつ削られましたが、1834年に十字架を保護する目的で八角堂が建てられました。この八角堂の天井には、当時の洗礼の様子が美しく描かれています。

マゼラン・クロス

カーサ・ゴロルド博物館

セブ島初のフィリピン人司教である、ファン・ゴロルドが暮らした家を使った博物館。1860年代のスペイン風建築を再現した建物に、18~19世紀の宗教的な遺品や版画、生活用品や工芸品などが展示されています。

サンペドロ要塞

外敵の侵入を防ぐ目的で1565年に建造が始まった、フィリピン最古にして最小の要塞。小規模ながら堅牢な石造りで、200年近い歳月をかけて1738年に完成しました。スペイン統治時代にはイスラムの海賊から島を守り、アメリカ統治時代には兵舎として、日本占領時代には捕虜収容所などとして使われた歴史を持ちます。要塞内は博物館になっています。

サンペドロ要塞

カルボン・マーケット

セブ・シティの中心部から車で約20分。日用品から野菜、魚などの生鮮食料品、衣料、貴金属までそろう、巨大な市場があります。地元の人はもちろん、活気あふれる光景を見学に来る観光客などでごったがえしていて、南国らしい人々の熱気を感じることができます。

カルボン・マーケット

道教寺院

セブ・シティの高級住宅街であるビバリー・ヒルズの一画にある中国系寺院。セブ島に住む華僑によって1964年に建てられました。石造りの門をくぐると99段の階段が続き、その先の高台に極彩色の本堂が見えてきます。ここには中国の思想家である老子が祀られていて、境内では運勢を占ってもらうこともできます。丘陵地に建つため、マクタン島まで一望できるという眺望のよさも魅力といえるでしょう。

COLUMN セブ島&ビサヤ諸島のアクティビティー

リゾートホテルが集まるセブ島やマクタン島、さらにボラカイ島やボホール島、パングラオ島のあるビサヤ諸島は、南シナ海におけるビーチリゾートのメッカと呼べるエリア。温暖な気候、透明度の高い海、白砂のビーチを満喫するためのマリンアクティビティーがそろっていて、ダイビングやシュノーケル、ボートセイリング、アイランドホッピングなどが楽しめます。いずれもビーチ沿いに建つリゾートホテルやショップなどで申し込みできます。

COLUMN セブ島&ビサヤ諸島のアクティビティー