1. ホーム
  2. 観光事業
  3. 国別ガイド
  4. ミャンマー

ミャンマー

国内交通

1.空港から市内へ

  • ヤンゴン国際空港からヤンゴン市内へ
    空港から市内までは約17キロメートル、車で約40分ほどですが、渋滞の時間帯には1時間以上かかることもあります。市内へはタクシーかバスの利用になります。
    • 空港タクシー
      到着ロビーにあるタクシーカウンターで行き先を告げてから乗車します。朝夕の混雑がなければ30分ほど、料金はUS$7前後です。夜間は割増料金になります。
    • 一般タクシー
      到着ロビーの出口を出たところにも交渉制のタクシーがいます。
    • 空港シャトルバス
      2つのルートがあり、途中ホテルや観光地などに停車しながら、市内のヤンゴン中央駅まで運行しています。運賃は500Kで、10分ほどおきに出発します。

2.国内線フライト

ヤンゴンやネーピードーを基点に、国内に20カ所以上ある地方空港を結んでいます。チケットは旅行会社で手配をするか、オンラインで購入が可能な航空会社もあります。ミャンマーの国内航空会社のフライトは、毎日の便がない、運行状況が流動的、直前のキャンセルや変更などが多くあるので、常に確認をするようにしましょう。出発時間の変更もあるので、早めに空港に到着するようにしましょう。

3.鉄道

ミャンマー国鉄が運営する鉄道です。座席は1〜2等の2クラスがあり、2等はクッションのない木製座席になるので、長距離の移動には避けたほうがいいでしょう。エアコン付きのアッパースペシャルの車両が連結される場合もあります。時刻の変更や運行中止が発生することがあるので、必ず確認をしましょう。

4.長距離バス

主要都市間は民営のバス会社による快適なエアコンバスが運行されていて、幅広く利用されています。車内は全席指定で、食事付きのチケットもあります。飛行機や鉄道と比べて安価です。主要路線以外のバスは、車両が古かったり、座席指定がない場合があります。ヤンゴンには長距離バスの主要なターミナルがふたつあるので、どちらの発着になるのかを確認しましょう。

日本のバスの中古車も多い 日本のバスの中古車も多い

5.タクシー

大都市を中心に運行しています。「TAXI」の表示があり、車体にライセンス番号が付いています。料金は交渉制で、ヤンゴンの繁華街周辺なら料金はK1000程~です。

6.配車サービスアプリ

都市部では配車サービスのアプリ利用が普及していて、最も利用されているのが「グラブ(Grab)」です。事前にアプリのダウンロードとオンライン決済にはクレジットカードの登録が必要です。地方ではグラブが利用できない地域があります。

7.市内バス

ヤンゴン市民の足となるのがYBS(Yangon Bus Service)で、2017年にシステムが刷新されて便利になりました。ただ路線は複雑で、路線番号や停車地の名前がミャンマー語の表示しかないところもあります。運賃は200~300Kで、お釣りが出ないのであらかじめ用意をしましょう。

8.サイカー

自転車の横にふたりがけの座席が背中合わせに付いたちょっと珍しい乗り物。サイドカーが語源です。ヤンゴンなど都市部では年々数が減ってきていますが、地方ではまだ見られます。料金は交渉制です。

レトロな乗り物サイカー レトロな乗り物サイカー

9.その他

河川を利用した交通機関が発達しているのもミャンマーの特徴です。代表的なものは、エーヤワディー川をヤンゴン起点にバガン、マンダレーまで遡上していくもの。また、外国人観光客が多いバガン〜マンダレー間には観光船も就航。所要9〜14時間で外国人料金が設定されています。