1. ホーム
  2. 観光事業
  3. 国別ガイド
  4. ミャンマー

ミャンマー

現地での出入国手続き

1.入国条件

  • パスポート残存期間
    入国時にパスポートの残存期間6カ月以上が必要です。
  • 査証(ビザ)※2018年10月1日より日本国籍の観光者はビザが不要になります。詳細はこちらをご参照ください。
    観光目的以外のビザに関しては、ミャンマー大使館にお問い合わせください

2.入国手続き

ヤンゴン、マンダレー、ネピドーの各空港での出入国カードは、2018年9月12日より不要です。当該3空港以外では出入国カードが必要です。飛行機から降りたら空港内の案内表示に従って入国審査カウンターへ。パスポートを提示して審査を受けます。

3.荷物の受け取り

入国審査が終了したら、荷物を預けた人は到着便の便名が記されたターンテーブルへ進み、荷物を受け取ります。万が一紛失、破損している場合は、クレームタグを持参のうえで係官に申し出てください。

4.税関

荷物を受け取った人は税関へ。入国時の税関申告書の提出については、全ての方が対象です。

  • 無税で持ち込めるもの(1人につき)
    外貨:US$10,000相当以上は申告
    酒類:2.0リットルまで
    タバコ:紙巻きタバコ400本または葉巻50本、刻みタバコ約250グラム、香水150ミリリットルまで
  • 持ち込み禁止品
    現地通貨

5.税関申告書の書き方

  • 税関申告書
    記入例は下記の項目の番号とあわせて、こちらを参照してください。
    ※書式は予告なく変更になる場合があります。(2009年2月現在)
    1:姓名(パスポート記載名)
    2:パスポート番号
    3:国籍
    4:生年月日(日/月/年)
    5:職業
    6:利用便名(入国時)
    7:搭乗地
    8:到着日
    9:申告するものはありますか?
    10:所持する外貨の合計はUS$2000を超えていますか?
    11:10でYESの場合は金額を記入
    12:宝石や貴重品などは持っていますか?(YESの場合は裏面に記入)
    13:署名