1. ホーム
  2. 観光事業
  3. 国別ガイド
  4. ミャンマー

ミャンマー

旅の基本情報

1.通貨

単位はKyat(チャット)。補助単位のPya(ピャー)もありますが、ほとんど使われていません。硬貨はなく紙幣のみで、K10,000、5,000、1,000、500、200、100、50、20、10、5、1の11種類があります。

2.両替

日本円の現金、トラベラーズチェック、クレジットカードはほとんど利用できないので、US$の現金を用意して両替します。

3.チップ

高級ホテルやレストランではチップの習慣があります。

4.電話

  • 国内電話
    ホテルや路上の公衆電話からかけられます。テーブルの上に電話機を置き、イスに座っている係員がいればそれが公衆電話店です。ストップウォッチで時間を計算して請求されます。料金は店によって異なるので事前に確認を。
  • 国際電話
    地方では国際電話をかけられないホテルが多いので、電話局を通してアクセスすることになります。
    直通電話のかけ方:国際電話識別番号00+日本の国番号81+市外局番の最初の0を取った番号+先方の電話番号
  • 日本からミャンマーへ
    ミャンマーの国番号は95です。
    直通電話のかけ方:各社の国際識別番号+国際電話識別番号010+ミャンマーの国番号95+市外局番の最初の0を取った番号+先方の電話番号

5.水

生水は飲用に適しません。ミネラルウォーターを購入してください。中には質の悪いものもあるので、飲む前に異臭や浮遊物の有無を確認しましょう。

6.電圧とプラグ

220〜240ボルト、50ヘルツ。コンセントプラグは2つ穴タイプが一般的です。日本の100ボルト仕様の電化製品を使用する場合は、変圧器と交換アダプターが必要です。電力事情が安定していないため、電圧が変化したり停電することもしばしばです。

コンセントの形状コンセントの形状

7.時差

ミャンマーと日本の時差はマイナス2時間30分。日本が正午のときはミャンマーは午前9時30分になります。

8.気候

3〜5月が暑季、6〜10月が雨季、11〜2月が乾季になります。ただし、南北に長いミャンマーでは北部が温帯、中部と南部が熱帯に属するほか、バガンなどの西部は乾燥地帯気候で雨季でも雨が少ないなど、地域差が大きいので注意しましょう。

気候は地域によってさまざまです気候は地域によってさまざまです

9.治安

外国人が立ち入りを許可されている地域の治安は日本と比べても非常に良好といえます。しかし、貴重品の管理など基本的な注意は忘れずに。

10.おもな連絡先

11.祝祭日

詳細はこちら