1. ホーム
  2. 観光事業
  3. 国別ガイド
  4. マレーシア
  5. おもな見所

おもな見所

その他のエリア

旅のヒント その他のエリア
旅のヒント
南北に長いマレー半島には、まだまだ興味深いスポットが多数あります。ここでは、リピーターにおすすめしたい近年の注目シティやリゾートを紹介します。交通インフラが発達しているマレーシアでは、これらのエリアにもクアラルンプールから航空機や鉄道、バスを使って比較的容易にアクセスすることができます。また、ジョホールバルはシンガポールとあわせて訪問するのもおすすめです。

ジョホールバル

マレー半島最南端に位置し、長さ約1キロメートルのコーズウェイ橋を渡ればそこはもうシンガポールという国境の街です。マラッカ王国の後裔、ジョホール王国の王都として栄えた古都であると同時に、現在は観光・ハイテク産業・貿易・物流の拠点としてクアラルンプールに次ぐ発展を見せています。市内の歴史的スポットを巡るほか、地元の人にも人気のお手頃価格のショッピングセンターや免税品地区での買い物を楽しんだり、シンガポール側へ国境越えを体験するのもおすすめです。

ジョホールバル

パンコール・ラウ島

「1島1リゾート」スタイルで知られる、マレーシアでも最高級のリゾートのひとつ。マレー半島西海岸にある島がまるごと1軒のリゾートホテルの敷地となっていて、自然に溶け込むように建つ水上コテージやヴィラ、そしてアジア最大級の規模を誇るスパなどで優雅な滞在が楽しめます。アクセスは、クアラルンプールから車で約3時間のルムッから専用フェリーで約1時間。ほか、国内線でパンコール島へ行き、専用ボートで訪れる方法もあります。

パンコール・ラウ島

キャメロン・ハイランド

イギリス統治時代からの伝統を持つ避暑地。標高1800メートルの山間にあり、常夏のマレーシアにあるさわやかな高原リゾートとして、近年日本人旅行者やロングステイヤーの間で人気を集めています。一帯は古くから茶葉の栽培でも知られ、イギリススタイルのアフタヌーンティや紅茶を使ったスパなども人気。クアラルンプールからは車で約3時間です。

キャメロン・ハイランド

マレー半島東海岸

サンゴ礁の海と艶やかに輝く熱帯雨林、ウミガメなどの野生動物の足跡…。西海岸に比べて観光地化が進んでいない東海岸は、今も手付かずの大自然が残されているエリアです。注目したいのは、クアラトレンガヌ周辺や、レダン島、ティオマン島などにある高品質なリゾート。いずれも隠れ家的な雰囲気が特徴で、大自然とともにこの地に色濃く残るイスラム文化の香りを感じながら優美な滞在が楽しめるでしょう。クアラルンプールから空路で約1時間のクアラトレンガヌやコタバルからアクセスします。

マレー半島東海岸