1. ホーム
  2. 観光事業
  3. 国別ガイド
  4. マレーシア
  5. おもな見所

おもな見所

マラッカ

旅のヒント マラッカ
旅のヒント
中国とマレーの文化が融合し、プラナカンと呼ばれる独自の文化が育まれたマレーシア。マラッカ王国の王都として栄えたマラッカは、そんなプラナカン文化の本場としても知られています。ヨーロッパ列強国の支配下で建設されたコロニアル建築が点在する市街は、2008年に世界遺産にも登録されました。中世から近現代への激動の歴史をたどるとともに、アンティークショップやニョニャ料理で華やかなプラナカン文化の香りも楽しんでみてください。
マラッカ

ババ・ニョニャ・ヘリテイジ

かつて、海上交易などでこの地にやってきたババ(中国人の男性)は、地元のニョニャ(マレー人の女性)と結婚することでこの地に定住していきました。その子孫であるプラナカンの大富豪の邸宅を、そのまま博物館として公開しているのがこちら。往時の姿を再現した室内には、派手な色彩を好んだために生まれた豪華絢爛な装飾品や食器のほか、マラッカに渡ってきた当初の中国人の暮らしぶりを伝える生活用品などが展示されています。

ババ・ニョニャ・ヘリテイジ

キリスト教会

マラッカにおけるオランダ建築の代表作とされる、1753年に完成した木造建造物。マレー半島最古のプロテスタント教会といわれています。高さ30メートルの教会天井の梁は継ぎ目のない1本の木を使用し、組み目にも釘を1本も使っていないという、高度な建築手法で建てられています。教会内部では「最後の晩餐」が描かれたタイル画を見ることができます。

キリスト教会

スタダイス

キリスト教会の隣に建つ、1650年建造の旧オランダ総督邸。東南アジア最古のオランダ様式建築の館内は、マラッカ歴史民俗博物館になっています。マラッカ王国時代に始まり、ポルトガル、オランダ、イギリスの植民地時代、日本軍の占領時代、マラヤ連邦の独立までを豊富な史料で紹介しています。隣接する時計台と噴水は、イギリスのビクトリア女王に捧げるために1904年に造られました。

スタダイス

サンチャゴ砦

ポルトガルが1511年に築き、その後オランダが要塞として使用するなど、マラッカの西欧支配の歴史を今に伝える貴重な遺跡。使用されていた当時は外からの攻撃を防ぐため、丘全体が高い塀で囲まれていたといいますが、19世紀にイギリスが防壁を破壊。現在は、1670年にオランダによって再建された石造りの門と大砲だけが残されています。

サンチャゴ砦

マラッカ文化博物館

何層にも連なる屋根、高床式など、マレー伝統建築によって再現されたマラッカ王国時代のスルタン(王)の王宮。緑に囲まれた威風堂々たる建物は、王宮の名にふさわしいみごとさです。館内はマラッカ文化博物館になっていて、王朝時代の史料や宝物、マレーシア各州の民族衣装などを展示しています。サンチャゴ砦やセント・ポール教会などのあるセント・ポールの丘の東麓にあります。

マラッカ文化博物館
COLUMN プラナカン文化に触れる

明の時代のマレー半島に花開いたプラナカン文化。中国系の男性とマレー系の女性が結婚してそれぞれの文化の融合を図りながら、特にマラッカ、ペナン島、シンガポールの3都市で繁栄を極めました。植民地時代には、宗主国である西洋各国の文化もたくみに取り入れ、ビーズや刺繍などの装飾品、食器、料理など東西折衷のハイカラでエキゾチックな独自の文化として発展を遂げました。アンティークショップを巡って掘り出し物を探したり、現代的なセンスを取り入れたビーズや刺繍の装飾品をおみやげにしたりとさまざまに楽しんでみてください。また、プラナカン伝統の食文化としてニョニャ料理も有名です。マラッカ滞在中にぜひ味わってみましょう。

COLUMN プラナカン文化に触れる