1. ホーム
  2. 観光事業
  3. 国別ガイド
  4. インドネシア
  5. 世界遺産

世界遺産

西スマトラ州サワルントのオンビリン炭鉱遺産

スマトラの辺境の地にある高品質な石炭の採堀、処理、輸送のために建設されたこの用地は、19世紀後半から20世紀初頭にかけてオランダ植民地政府によって開発されました。地元人のみならず、オランダ領の囚人が労働力として活用されました。遺産は、採掘現場と炭鉱を中心としたコミュニティ、エマヘブン港の石炭貯蔵施設、そして鉱山と沿岸施設を結ぶ鉄道網から成り立っています。オンビリン炭鉱遺産は、効率的な採炭、製造、輸送および出荷を可能にする完成されたシステムです。

世界遺産トップページへ