1. ホーム
  2. 観光事業
  3. 国別ガイド
  4. インドネシア

インドネシア

国内交通

1.空港から市内へ

  • ングラ・ライ(デンパサール)国際空港から市内へ

    バリ島のゲートとなる空港で、島最大の繁華街であるクタの南方約5キロメートルの場所にあります。1階の到着ロビーにはタクシー、レンタカーの受付やホテル予約センターなどがあります。バリ島各地へは、エアポートタクシーかホテル送迎サービスのいずれかを利用するのが一般的です。ホテル送迎バスは予約が必要であることが多いので、事前に確認しておきましょう。

      • エアポートタクシー
        到着ターミナルにあるチケットカウンターで行き先を告げ、チケットを購入。それをドライバーに渡す仕組みです。料金はエリアごとに決められていて、クタまではRp.5万5000、レギャンRp.7万、ヌサドゥアRp.12万5000、デンパサールRp.9万、ウブドRp.25万など。クタまでは所要10分ほどです。
      • オンラインタクシー
      • 「グラブ(Grab)]や「ゴジェック(Go-Jek)]の配車サービスは現地ではオンラインタクシーと呼ばれていて、広く普及しています。ピックアップ場所が設置されている空港もあります。
デンパサール新空港ングラ・ライ(デンパサール)国際空港
  • スカルノ・ハッタ国際空港から市内へ

    首都ジャカルタの最寄空港。市街から約30キロメートルの位置にあります。

    • タクシー
      旅行者には信頼性の高いブルーバード・タクシーまたはシルバーバード・タクシーがおすすめです。到着ロビー外にある同社のカウンター係員の指示に従って乗車してください。料金はメーター制で、空港からの移動にはチャージ料と高速料金が加算されます。市内までの料金はブルーバードでRp.20万からで、シルバーバードではRp.30万ほど。所要時間は40分~1時間ほどですが、朝夕などの渋滞時はさらに時間を要することもあります。
      また、到着ロビーで定額のタクシーチケットを購入することも可能です。
    • エアポートレールリンク(鉄道)
      ターミナル1と2の間にある空港駅から、BNIシティなどを通りマンガライ駅まで(2020年現在)4つの停車駅を経て市内に運行しています。運賃はRp.7万で、約30分間隔で、45分程で市内に到着します。時間帯によっては渋滞を回避する交通手段となります。
国内線も多数就航するングラ・ライ(デンパサール)国際空港国内線も多数就航するングラ・ライ(デンパサール)国際空港

2.国内線フライト

数多くの島々が点在するインドネシアだけに、長距離の国内移動は飛行機がメインとなります。ジャカルタ、デンパサール(バリ島)、ジョグジャカルタなど主要都市を結ぶ国内線は、フラッグキャリアのガルーダ・インドネシア航空、その他の小さな都市間はLCCを含む数多くの航空会社が運航しています。

3.鉄道

鉄道が運行しているのはジャワ島のみ。ジャカルタ~ジョグジャカルタなどを結んでいます。ジャカルタの最寄駅はガンビル駅で、切符は駅で購入可能。事前に座席を予約することも可能で、観光シーズンや年末年始は予約をおすすめします。

4.バス

ジャカルタ、ジョグジャカルタなどのバスは路線が複雑で、不慣れな旅行者には不便なこともあります。バリ島では、おもな観光地を結ぶシャトルバスが便利です。バス会社や旅行会社で予約することができますが、料金は目的地やエアコンの有無などで異なります。

5.タクシー

市内のいたるところでタクシーが見つかります。乗車時にはメーターを作動させているか確認しましょう。初乗り料金はRp.6500で、その後は走行距離につき加算されていきます(時間によって異なります)。なお、「TAXI」の表示のない個人タクシー(白タク)やホテル専用タクシーもありますが、いずれも料金は割高になることが多いようです。

6.配車サービスアプリ

インドネシアでも配車サービスのアプリ利用が広く普及しています。「グラブ(Grab)」と「ゴジェック(Go-Jek)」が最も一般的です。グラブはクレジットカードでの決済(事前登録が必要)が可能ですが、ゴジェックは現金での支払いか、現地のコンビニエンスストアなどでの課金(Top Up)が必要です。

7.バスウェイ(トランスジャカルタ)

ジャカルタのメインストリートを走るバスで、13ほどのルートがあります。乗り場は中央分離帯にあり、専用路線を走るので、渋滞の心配もあまりありません。ICカードを入手して、チャージをして乗車します。前方の車両は女性専用となっていることが多いです。

8.地下鉄(MRT)

2019年に首都ジャカルタに開通した都市高速鉄道(MRT)。都市部を走る南北線が運行中です。目的地が路線上にあれば、渋滞回避の手段になります。今後、沿線は延伸される予定で、さらに東西線の開業も予定されています。

9.レンタカー/バイク

おもな国際空港や都市部にあるレンタカー会社、またはホテルで借りることができます。舗装されていない道も多く、交通渋滞、日本と異なる交通ルールなど注意すべき点も多く、交通マナーもかなり変わるので短期旅行者にはおすすめできません。なお、日本の国際免許証は適用されません。2カ月間有効の運転免許証を現地の警察署で取得する必要があります。

10.ベモ

庶民の足として活躍している、ライトバンを改造した乗り合いのミニバスのこと。例えばバリ島なら、島中に路線網が張り巡らされています。時刻表はなく、都市部であればベモターミナルで乗車するか、走行中に合図をして乗り込むことになります。ベモの最大の魅力は、初乗りRp.4000ほどと安価なこと。ただし路線が複雑なので、短距離を移動する際に利用するのがおすすめです。

11.ベチャ

三輪自転車のことで、自転車の前に座席を設置した乗り物。かつては国内各地で見ることができましたが、現在、運行しているのはジョグジャカルタなどほんの一部のみ。見かけたら利用してみてはいかがでしょう。料金は交渉制となります。

12.フェリー

島々を移動する場合、フェリーを利用することもできます。バリ島からロンボク島、ジャワ島への移動なら比較的短時間な船の旅を楽しむことができます。