インドネシア(概要) | 国際機関日本アセアンセンター
  1. ホーム
  2. 観光事業
  3. 国別ガイド
  4. インドネシア

インドネシア

インドネシア(概要)

インドネシア

赤道を中心とした東西約5000キロメートルのエリアに、1万3000以上の島々が点在するインドネシア。面積、人口ともに東南アジアにおいて最大規模を誇る国です。それだけに美しい自然と多様な文化が息づいていて、多彩な旅の楽しみ方があるのが大きな魅力といえるでしょう。そんなインドネシアにあって、ビーチリゾート、独自に発展した文化、豊かな自然、芸術などさまざまな楽しみが詰まったバリ島は人気No.1の訪問地。東南アジア屈指のリゾートアイランドです。

国名 インドネシア共和国/REPUBLIC OF INDONESIA
位置 北緯6~南緯11度、東経95度~141度
面積 191万3579平方キロメートル
人口 約2億5,880.2万人
人種と民族 ジャワ人45パーセント、スンダ人14パーセントなどが中心ですが、350あまりもの民族で構成されています。
政体 共和制
首都 ジャカルタ
宗教 イスラム教徒が90パーセント近くを占めている世界最大のイスラム教国とも言われています。その他はキリスト教、ヒンドゥー教、仏教など。
言語 公用語はインドネシア語。

歴史

首都ジャカルタがあるジャワ島は、19世紀にジャワ原人(ホモ・エレクトス・エレクトス)の化石が発見されたことでも知られています。この地では、80万~100万年前には人類の祖先が暮らしていたと考えられています。その後、紀元前3世紀頃にはベトナムや中国南部、インドなどから多数の民族が移住。5~7世紀頃になると、ヒンドゥー教や仏教の影響を受けた独自の文化が発展し、各地に大小さまざまな王国が誕生しました。13世紀になるとイスラム教が伝播し急速に普及。大航海時代にはヨーロッパ各国の船が次々と来航し、1602年になるとオランダ東インド会社による支配を受けることになり、以後、第二次世界大戦の日本軍侵攻までおよそ300年間続きました。終戦後はイギリス、オランダとの独立戦争を経て、1950年に独立を果たしています。

全土の地図