1. ホーム
  2. 観光事業
  3. 国別ガイド
  4. ブルネイ・ダルサラーム
  5. おもな見所

おもな見所

バンダルスリブガワン

旅のヒント
旅のヒント
ブルネイ湾に注ぐブルネイ川の河口に位置し、国家の中心として発展してきたバンダルスリブガワン。富を象徴するかのように豪奢な造りのモスクを筆頭に、イスラム文化の色濃い首都として旅情を盛り上げてくれます。市内はさほど広くなく、主要な見どころを巡るなら1日もあれば十分。旅の足としては、サークル・ラインとも呼ばれる01番バスが便利です。世界最大ともいわれる水上集落(カンポン・アイール)は必見。ぜひ訪れてみましょう。
バンダルスリブガワン周辺

オマール・アリ・サイフディン・モスク(オールドモスク)

ブルネイを代表するランドマーク。前国王、オマール・アリ・サイフディンが総工費US$500万をかけて建設、1958年に完成しました。イタリアの大理石、ベルギーやアラビアのカーペット、英国製のステンドグラスなど世界各地から集めた最高級の建材やインテリアが惜しみなく使われています。三方を囲むラグーンには、ブルネイの国力が最大となった16世紀の王室の御座船を模した石船が鎮座。ライトアップされた夜は幻想的な雰囲気に包まれます。

オマール・アリ・サイフディン・モスク(オールドモスク)

ジャミヤシル・ハサニル・ボルキア・モスク(ニューモスク)

第29代スルタンである現ボルキア国王の即位25周年に合わせて、8年の歳月をかけて建設。1994年に完成したモスクです。優美なオールドモスクに対して、こちらは壮大かつ豪奢な雰囲気。サラセン調の大理石造りの建物、純金のドーム、約5000人が一度に礼拝できる巨大な礼拝堂など見る者を圧倒させます。敷地内の塔からの眺めも堪能しましょう。旅行者が入場する場合は無料貸し出しの黒い上着を着用。やや街外れにありますが、サークル・ラインでアクセス可能です。

ジャミヤシル・ハサニル・ボルキア・モスク(ニューモスク)

イスタナ・ヌルル・イマン(王宮)

1984年のブルネイ独立を記念して建造された現国王の住居兼総理府官庁。イスラムとマレー双方の建築様式を融合させた建物で、フィリピン人建築家のデザインとアメリカ企業の施工によって2年がかりで完成しました。20ヘクタールの敷地に1788もの部屋を擁する世界最大の王宮であり、世界最強の名で知られるネパールのグルカ兵による警備などでも注目されます。内部見学は不可ですが、断食明け大祭の3日間のみは一般公開され、王族によるもてなしが受けられます。

イスタナ・ヌルル・イマン(王宮)

ロイヤル・レガリア

王家ゆかりの財宝を保存展示する博物館。現国王の即位25周年を記念して造られたもので、王冠や刀、コーラン、調度品、即位パレードに使われた車といった豪華な品々から、現国王の生い立ちの紹介、写真とビデオによるブルネイ独立までの歴史的な歩みの紹介などさまざまな展示がなされていて、見ごたえも十分です。館時には入口で荷物を預け、靴を脱いで上がるシステム。館内フロアーは厚い絨毯が敷きつめられています。内部はかなり広いので、時間に余裕を持って訪れることをおすすめします。

ロイヤル・レガリア

ブルネイ博物館

ブルネイ川のより河口に近いエリアに建つイスラム式建築のミュージアム。歴史と自然、産業がテーマとあって、ブルネイを知るには最適な施設です。館内ではブルネイの伝統的な生活文化、銅や真ちゅう製品、石油や天然ガス産業の紹介に加え、ボルネオ島の動植物の標本も展示。国王が所有するイスラム芸術品や考古学的な発掘品、東南アジア屈指の中国製陶磁器のコレクションなど他ではなかなか見られない収蔵品も多数そろっています。

ブルネイ博物館

マレー技術博物館

ブルネイの人々の伝統的な暮らしに関する民俗学的資料を中心に展示する博物館。漁業や狩猟で使われてきた伝統的な道具、水上集落のヤシの家、ボートなどの展示を通して、東南アジアの島しょ部に発展したブルネイならではの生活スタイルに触れることができます。また、隣接するハンディクラフト・センターでは、伝統文化の保護・保存も行っていて、機織や金銀銅細工の実演が行われています。

カンポン・アイール(水上集落)

16世紀に訪れた西洋人に「東洋のベニス」と称えられたブルネイ。当時から2万世帯以上が暮らしていたと伝えられているのが、ブルネイ川に造られた世界最大の水上集落です。現在は陸上で生活する人々も増えましたが、今なおバンダルスリブガワンの人口の約3割、およそ3万人が暮らしています。伝統産業である手工芸品のおもな生産地でもあり、人々の暮らしの息吹が感じられるブルネイ観光のハイライトのひとつです。

カンポン・アイール(水上集落)
COLUMN カンポン・アイールを訪ねて

近所なら集落内に張り巡らされた木製の橋を渡って、陸地へは水上タクシーで。カンポン・アイールの暮らしは、豊潤な川の河口部に開けたこの街ならではのもの。水上といっても電気・水道などのライフラインは完備。家の中は広く、集落は大きく(学校や警察署、モスク、消防署などもあります!)、人々の生活は快適そのもの。バルコニーからの投網で小魚やカニを取るなど、伝統的な暮らしぶりも垣間見られるでしょう。アクセスは水上タクシーのみ。対岸の乗り場で時間と料金の交渉をしましょう。船から眺めるだけでも楽しめますが、適当な集落の船着場に船を付けてもらい、木橋を歩いて散策することをおすすめします。

COLUMN カンポン・アイールを訪ねて

タム(オープン・マーケット)

ブルネイ川に注ぐキアンゲ川の川岸に開かれる青空市場。早朝、川から続々と荷揚げされるのは、新鮮な野菜や果物、肉、魚など生鮮食品の数々。買物客のほとんどは地元の人で、まさに現地っ子の台所ともいえるマーケットです。夜間は付近でナイトマーケットも開かれ、手ごろな料金で夕食や軽食をとることもできます。人懐こい笑顔で話しかけてくれる地元の人々との交流を楽しめるスポットといえるでしょう。

タム(オープン・マーケット)

ハンディクラフト・センター

中心部の東、ブルネイ川沿いに建つマレー技術博物館の付属施設がハンディクラフト・センターです。ブルネイの伝統工芸品の産業振興を目的に造られた施設で、職業訓練校の学生が作った織物や真ちゅう製品、金銀細工などを展示即売しています。製作工程の実演を見ることもできます。

ハンディクラフト・センター

ヤヤサン・コンプレックス

オールドモスクの前に建つ、ブルネイ最大のショッピングセンター。地上3階、地下1階の4フロアには欧米ブランドのショップ、書店、スポーツ用品店などさまざまな店が並んでいます。お腹がすいたら、2階のフードコートへ。ブルネイ料理はもちろん、周辺諸国の料理が気軽に味わえるでしょう。また、地下の食料品売り場も必見。各種スパイスやインスタント食品など、ほかでは見たこともないユニークなおみやげを購入できるでしょう。

ヤヤサン・コンプレックス

エンパイア・ホテル&カントリー・クラブ

バンダルスリブガワン郊外の白砂のビーチに建つ、超豪華ホテル。もともとは王族がファミリーや親しい人たちと使う目的で建てられたというだけに、巨大な吹き抜けを備えたロビー、ふんだんに使用されたイタリア製大理石、純金を使った装飾など、一般的なホテルの枠を超えた豪華さ。宿泊費は少々高めですが、一度泊まってみるのもいいでしょう。もちろん、敷地内のレストランやゴルフ場を始めとした各種レジャー施設の利用がてら訪れることも可能です。

エンパイア・ホテル&カントリー・クラブ