1. ホーム
  2. 観光事業

<事業報告>セミナー「ASEAN航空市場シリーズ」第一部、第二部

<事業報告>セミナー「ASEAN航空市場シリーズ」第一部、第二部

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> <第一部> 「2015年ASEAN単一航空市場形成に向けて」 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< 開催日時: 2013年11月7日(木) 15:00 ~ 17:00 参加者数: 132名     参加費:無料 <プログラム> 基調講演 「ASEAN単一航空市場とASEAN各国のLCC事情」        東京工業大学大学院理工学研究科 准教授 花岡伸也 氏 2015年ASEAN共同体形成に向けた航空市場の単一化とは、および、ASEAN航空自由化の推移について解説、さらに、ASEAN域内で急増する航空需要をインドネシアの航空市場を例に講演した。加えて、ASEAN各国のLCC各社の現状、特徴、今後の見通しなどについて最新分析を基に情報を提供し、東南アジアを含めた世界全体の航空市場の現状としてLCCを再定義する時期に来ていると指摘した。 講 演   「日本の航空行政について」        国土交通省航空局航空戦略課長 海谷 厚志 氏 世界の航空需要の推移と見通しについて、および、わが国の国際旅客輸送の動向について示した。さらに、オープンスカイ交渉の進捗、日本の国内空港の取り組みを紹介、LCCの市場成長の解説に加え、ビジネスジェットの促進についても触れた。本年7月1日より査証緩和が実施されたマレーシア、フィリピン、タイ、ベトナムからの訪日旅行者数は顕著であり、今後の伸びも期待されることが示された。 花岡先生2  海谷様1   >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> <第二部> 「LCCでASEAN旅!マル得活用術」 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< 開催日時: 2013年11月16日(土)  10:30 ~ 12:50 参加者数: 72名      参加費:無料 <プログラム> 「ASEANLCCの活用術と最新情報」 航空・旅行アナリスト 鳥海高太朗 氏 昨今ビジネスモデルの変化がめまぐるしいLCCについて新たな分類を提唱。LCC参入により、飛行機は高級な乗り物から気軽な乗り物に変化、新しい旅行スタイルを誕生させたことに言及した。また、ASEAN域内の近距離旅行にLCCは既に主流であることを、ドンムアン空港(タイ)に乗り入れる各LCCの活用実例を挙げて紹介した。一般利用者がキャンペーン価格を活用するための情報収集法についても伝授、さらには、若者の旅行離れに歯止めをかける効果など、LCCが旅行市場に与えるインパクトの重要性を指摘した。 「まだ知らないASEANのLCC」 日本アセアンセンター 観光交流部 現在、ASEAN域内では既に多種多様なLCCが運航していることを紹介。機内食、機内販売等サービスの多様化、また、FSCにはあまり見られないPR活動の特異性などについて一般利用者向けに紹介した。さらに、シンガポール・チャンギ空港を例に、ASEAN域内のハブ空港のLCC利用旅客向けの利便性を紹介し、LCCを利用したASEAN域内観光の魅力を紹介した。 トークイベント「使える!ASEANのLCC」    旅行作家 下川裕治 氏 / Scoot 日本・韓国支社長 坪川成樹 氏    司会進行: 航空・旅行アナリスト 帝京大学理工学部航空宇宙工学科非常勤講師 鳥海高太朗 氏 東南アジア旅行歴豊富な旅行作家、下川裕治氏、食の魅力をきっかけに自身も東南アジアファンになったシンガポールのLCC“スクート”の日本・韓国支社長、坪川成樹氏によるトーク形式の情報提供を行った。食を中心に東南アジア旅の魅力、ハブ空港の利便性の今後、ASEAN域内LCCのサービスや経営形態の多様化についても言及した。まとめとして、研究者、企業、利用者としての各々の視点から、中長距離LCCの将来についても見解を語った。

鳥海先生2    坪川氏下川氏1  トーク1