1. ホーム
  2. 観光事業

<事業報告>インタープリテーション研修(オンライン)を実施

日本アセアンセンターは、ASEANに加盟8カ国の遺産地区の管理者や関連政府機関の担当者を対象に、インタープリテーション(対象地域の観光遺産の価値を正しく伝えることで、来訪者に観光資源への認識を高めてもらうためのコミュニケーション手法)に関する研修を実施しました。

オンラインで開催された研修は、当センター発行のインタープリテーションの教材( Workbook on Interpretive Planning for ASEAN Tourism and Concept of Interpretation 及び Interpretive Guide for Sustainable Tourism: Tips for being a good tour guide )を使用した専門家による講義、ASEAN諸国でのインタープリテーション事例の紹介、およびパネルディスカッションで構成され、参加者と聴講者合わせて約20名(日毎)が参加しました。

最終日には、参加者が担当地区にインタープリテーションを適応したプログラムやアクションプランを発表し、専門家からの講評を受けました。

期 間:

2020年10月5日、6日、9 日

場 所:

オンライン

参加人数:

各日約20名

参加国:

ブルネイ、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、シンガポール、タイ、ベトナム

研修内容:

1日目 講義 ・オリエンテーション
・「インタープリティブプランニング 1:プランニングの構成要素と流れ(ワークブックセクション1~4)」
・「インタープリテーションを活用したガイド 1:メッセージの確定」
2日目 講義 ・「インタープリティブプランニング 2:プランニングの構成要素と流れ(ワークブックセクション5~8)」
・「インタープリテーションを活用したガイド 2:メッセージ性のあるプログラムの造成」
・「ASEANのインタープリテーション事例」

課題提出

3日目 発表・パネルディスカッション

・インタープリテーションプログラム又はアクションプランの考案 発表とフィードバック
・パネルディスカッション 「今後の旅に向けた責任ある観光について」