1. ホーム
  2. 観光事業

<事業報告>アクセシブル・ツーリズムのワークショップを開催

<事業報告>アクセシブル・ツーリズムのワークショップを開催

日本アセアンセンターは、インドネシア・タンジュンパンダンでアクセシブル・ツーリズムの普及を目的としたワークショップをインドネシア観光省と共催しました。本ワークショップは、第21回ASEAN観光大臣会合でASEAN地域でのインクルーシブ観光の必要性を確認したことを受け、インドネシアの観光関係者のみならずASEAN諸国の観光関係省庁も招待し、実施されました。

本ワークショップでは、日本から専門家を2人派遣し、日本のビーチにおけるアクセシブル・ツーリズムの取り組み事例、障がい者向けの旅行商品と運用時の注意点や考え方などについてプレゼンテーションを行いました。インドネシアからは、インドネシアの観光政策である「10 New Bali」の説明のほか、調査機関、大学、バリアフリー機関、障がい者向けの旅行商品を扱う旅行会社、観光施設などの団体・機関からプレゼンテーションが行われ、活発な意見交換が行われました。

 

開催日: 2018年12月7日(金)

共催: インドネシア観光省

場所: タンジュンパンダン

参加人数: 71人(地方行政機関、観光産業、福祉関係者など)

 

日本側のプレゼンテーション:

  1. 「アクセシブルなビーチから始まるリハビリテーション観光」

特定非営利活動法人湘南バリアフリーツアーセンター 理事長 榊原正博 氏

  1. 「アクセシブルツーリズム商品の設計」

株式会社チックトラベルセンター 代表取締役社長 山口寿史 氏