1. ホーム
  2. 観光事業

<事業報告>観光業における技術活用を探るセミナーを実施(於:ハノイ)

<事業報告>観光業における技術活用を探るセミナーを実施(於:ハノイ)

日本アセアンセンターは、94日にベトナム・ハノイ市で観光業における技術活用を探るセミナー「The Industrial Revolution 4.0 Importance of Technology and Innovation in Tourism」を開催しました。このセミナーはベトナム観光総局(VNAT)との共催で行われました。

日本からは、2名の専門家を派遣。㈱マーケティングボイスの鶴本浩司代表取締役が「日本人の海外旅行と観光デジタルトレンド」について、またデータセクション㈱の林 健人代表取締役社長兼CEOが「Social Listeningから見たベトナムへの訪越インバウンド」について講演しました。また、ベトナムHG Holdingsのゴ・ミン・デュックCEOは運営するGotadi(オンライントラベルのリーディングサイト)の体験談を披露しました。

ベトナムでもITSNSのビジネスへの活用に関心が高まっています。当日は54名の参加がありました。質疑応答も活発で、所定時間を越えて行われました。

ベトナム観光総局によるセミナー紹介動画はこちら。

http://vietnamtourism.gov.vn/english/index.php/video/249

㈱マーケティングボイス 鶴本浩司代表取締役【左上】
データセクション㈱ 林 健人代表取締役社長兼CEO【右上】
ベトナムHG Holdings ゴ・ミン・デュックCEO【左下】
質疑応答の様子【右下】