1. ホーム
  2. 観光事業

<事業報告>観光プロモーションセミナーをミャンマーで開催

<事業報告>観光プロモーションセミナーをミャンマーで開催

観光プロモーションセミナー
How to captivate Japanese quality tourists to Myanmar

観光交流部はミャンマーホテル観光省との共催で、日本からミャンマーへの観光渡航を促進し、ミャンマーの持続可能な観光の発展に資するため観光プロモーションセミナーをヤンゴン市内にて開催しました。

今回のセミナーでは、日本人富裕層の海外旅行の傾向、嗜好などを事例やデータを交えて解説し、さらに近年外国人旅行者が急激に増えている日本の成功例などをセミナー参加者に向けて発信しました。参加者は日本市場に関心の高い在ミャンマーの旅行代理店、ツアーオペレーター、ホテル、観光ガイドなどで、業務渡航だけでなく、多くの日本人旅行客がミャンマーに観光目的で渡航することに期待を寄せています。

・日 時: 2017年3月28日(火)
・会 場: ノボテル ヤンゴン マックス
・参加者: 40名

 

プログラム

■講演1

スピーカー: チョー・ミン・ティン(ミャンマー旅行連盟) 

・ミャンマー観光のポテンシャル
・ミャンマー国内重点観光地
・日本向けマーケティング計画

■講演2

スピーカー: 大畑貴彦(日本海外旅行ツアーオペレーター協会会長)
 
・日本人富裕層観光客のトレンド
・観光インフラ整備の重要性
・官民によるパートナーシップの重要性

■パネルディスカッション

モデレーター:ワットゥニヨム・ドゥアンマラー 日本アセアンセンター観光交流部
パネリスト:イェ・トゥン・オー ミャンマー旅行協会
      大畑貴彦 日本海外旅行ツアーオペレーター協会
      ゼヤー・ミョウ・アウ ミャンマーホテル観光省
      キィン・メイ・ミィッ  日本観光プロモーション委員会

Q&A

Seminar1      Seminar2

RGN4