1. ホーム
  2. 投資事業
  3. 国別投資情報 / Country Information
  4. ベトナム
  5. ベトナムの投資ガイド Country Profile and Investment Guide (Vietnam)

ベトナムの投資ガイド Country Profile and Investment Guide (Vietnam)

3.投資申請手続き(注7)

申請・届出先 
*首相承認案件を含み、工業団地・輸出加工区・ハイテク団地・経済区内の案件はすべて、工業団地・輸出加工区・ハイテク団地・経済区の管理委員会へ
*首相承認案件を含み、工業団地・輸出加工区・ハイテク団地・経済区以外の投資案件はすべて、省レベル人民委員会へ
*150億ドン以下の案件で条件付き投資分野ではない案件に対しては、登録のみでも可(ただし、通常外国投資家は投資ステータスを確認する意味もあり投資証明書申請を行う)。
*150億ドンから3000億ドン規模の条件付きではない投資案件は投資登録を行う。
*3000億ドン以上の投資案件の場合、条件付き・条件つきではない投資分野でそれぞれ申請書類と審査手続きが異なる。詳細は、投資に関する施行細則(108/2006/ND-CP)第5章直接投資手続きを参照。
必要提出書類
① 投資登録申請書
② 投資証明書の発行申請書
③ BCC契約書(投資形態がBCCの場合)
④ 財務能力報告書(投資家が作成し、自己責任をもつ)
⑤ 経済的・技術的説明書(投資目的、規模、立地、投資額、実施スケジュール、土地使用申請書、技術手段、環境への対応を含む)
⑥ 事業登録のための書類(設立形態に準じた書類で)と合弁契約書(合弁会社の場合)-経済組織の設立もしくは事業登録手続きを伴う場合
⑦ 外国投資に適用する条件付投資分野リスト(投資法施行細則108/2006/ND-CP付録C)への投資の場合、その条件を満たす能力の説明書類
⑧ 投資家を法的根拠を証明する書類
言語:ベトナム語

2009年1月換算概算レートで、150億ベトナムドン=780万米ドル、3000億ベトナムドン=15,600万米ドル。登録(Registration)と審査(Evaluation)では必要申請書類等が異なる。また、内資と外資では登録・審査のための申請書類が異なる場合がある。
なお、ベトナムへ初めて投資をする外国投資家は必ず登録もしくは審査手続きが必要。発給される投資証明書は同時に営業登録証明書でもある。また、ベトナムへ外国投資案件がすでに設立済み経済組織(法人)は、新規案件の手続きのために新規経済組織(法人)を設立する必要はないが、新規案件の登録は必要。

注7)旧法では投資手続きは投資額(4000万ドル)および投資案件セクター等の条件によりグループA(首相許認可案件)・B(省レベル投資管理委員会等許認可案件)に分けられていたが、新法で変更された。法では投資手続きは投資額(4000万ドル)および投資案件セクター等の条件によりグループA(首相許認可案件)・B(省レベル投資管理委員会等許認可案件)に分けられていたが、新法で変更された。