1. ホーム
  2. 人物交流事業

藤田正孝・事務総長がJENESYSプログラム参加青年対し2016年度3度目の講義を実施

JENESYS_6th_Batch

藤田事務総長による出張講義の様子

2017年1月31日、藤田正孝・日本アセアンセンター事務総長は東京にて、JENESYSプログラム参加青年団に対し、講義を行いました。青年団はASEAN全10カ国、インド及び東ティモール出身の社会人及び大学生総勢249名から成り、JENESYS 2016 (経済グループ)第6陣として来日しました。藤田事務総長がJENESYSプログラム参加青年に対して講義を行うのは、経済グループ第1陣及び第5陣に続き、2016年度では3度目です。

藤田総長は講義の中で、進展する日本とASEAN諸国との経済関係について統計を用いながら解説するとともに、貿易、投資及び経済統合の結びつきについて説明をしました。

本講義にはアウン モエ チャイ 貿易投資部長、ワットゥニヨム・ドゥアンマラー観光交流部長、ヴィラック・クオン貿易担当部長代理及びノール・ゼルリナ・ハジ・モミン投資担当部長代理も同席し、藤田事務総長の講演に先立ち、センターの役割と活動について紹介しました。

JENESYS: 21世紀東アジア青少年大交流計画