コンテンツページを表示する。 | ナビゲーションへ移動

事業のご紹介

ASEAN諸国との貿易にサポートするための情・報を提供します。

日本とASEAN間の貿易は、量的な拡大のみならず、質・的にも製品貿易が拡大しつつ あります。このような中、貿易部ではASEAN諸国から日本への輸出を更に促進するため、当センター・アセアンホールを活用した継続的なASEAN製品の展示商談会事業・、大規模展示会への出展事業、商談会やセミナーを通し、ASEANの輸出企業、有望商品の紹介を行っております。

また、ASEAN輸出業者の能力向上や、輸出拡大にむけ た着実なインフラ整備を目的・とし、情報提供事業や人材育成事業、デザインセレクション事業などを通し、ASEAN製品の品質に対する信頼向上に寄与するとともに、輸出業者のモチベーション向上を図っております。

ASEAN諸国と日本の貿易における関係

ASEANは、約5億7千万の人口を擁し、日本をはじめとする海外との貿易を積極的に進めることにより、世界の成長センターと称されるほどの飛躍的な経済発展を遂げてきました。
ASEANと日本の経済関係は非常に活発で、日本の2008年のASEANとの貿易総額(輸出+輸入)は、21.8兆円にものぼり、全体の15%を占めています。一方、ASEANにとっても日本は重要な貿易相手国であり、相互依存関係はさらに深まっております。
かつては、ASEANから原材料や農水産品を輸入し。製品をASEANへ輸出するという貿・易構造でしたが、この流れは1990年代に大きく変化し、今日、ASEANからの製品輸入総額は総輸入額の55%にものぼります。エレクトロニクス、機器、繊維製品などが高いシェアを占めています。
今後ASEAN経済統合の進展により、ASEANと日本の貿易・関係は一層加速されていくと 予想されます。

ASEANを介した貿易の流れ

GoToTopPage