フォンニャー・ケーバン国立公園

フォンニャー・ケーバン国立公園

写真提供:世界自然遺産製作委員会

ラオス国境まで続く、広大で変化に富んだ森林におおわれた高原カルスト地形は、地理学的に非常に多様で、65キロにもわたる洞窟や地底川は壮観です。国立公園のほとんどは熱帯林におおわれ、土地特有の生物が生息していて、事前調査では461種類の脊髄動物を確認しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界遺産のトップページへ

 

GoToTopPage