旅の基本情報

1.通貨
単位はVND(ベトナム・ドン)。紙幣はVND500、1000、2000、5000、1万、2万、5万、10万、20万、50万の11種類。
2.両替
空港や都市部の銀行、ホテル、両替所、旅行会社などで日本円から直接ドンへ両替することができます。地方では両替できない場合があるので、都市部で必要な分を両替しておくのがおすすめです。
3.チップ
チップの習慣はありませんでしたが、外国人旅行者の増加とともに最近では高級レストランやホテルで一般化してきています。目安の額は、ホテルでポーターに荷物を運んでもらった場合はVND1万程度、サービス料を含まないレストランでは料金の10パーセントほどを支払うのが一般的です。
4.電話
  • 国内電話
    市街や郵便局などにある公衆電話でかけることができます。都市部ではコイン式のほか、テレフォンカード式も普及しています。
  • 国際電話
    ホテルの客室内の電話や公衆電話からかけることができます。
    直通電話のかけ方:国際電話識別番号00+日本の国番号81+市外局番の最初の0を取った番号+先方の電話番号
  • 日本からベトナムへ
    ベトナムの国番号は84です。
    直通電話のかけ方:各社の国際識別番号+国際電話識別番号010+ベトナムの国番号84+市外局番の最初の0を取った番号+先方の電話番号
5.水
水道水は飲用できません。ミネラルウォーターを購入して飲用しましょう。
6.電圧とプラグ
220ボルト、50ヘルツ。コンセントプラグは丸形2穴と日本と同じ形状の2タイプが一般的。ホテルなどによって異なります。日本の100ボルト仕様の電化製品を使用する場合は変圧器、丸形2穴タイプの場合は交換アダプターも必要です。
7.時差
ベトナムと日本の時差はマイナス2時間。日本が正午のとき、ベトナムは午前10時になります
8.気候
ハノイなどのある北部は亜熱帯性気候で、5~10月は高温多湿の日々が続きます。ホーチミンなどの南部は熱帯性気候に属し、5~10月が雨季。両者に挟まれた中部は、9~1月が雨季となります。
9.治安
外国人旅行者の増加に伴い、都市部ではスリ、置き引き、引ったくりなどが発生しています。街を歩く際は注意しましょう。また、無数のバイクが往来するなど、交通事情が決してよいとはいえません。信号のない場所で横断する際など、十分に注意してください。
10.おもな連絡先
  • 日本
    • ベトナム社会主義共和国大使館
      東京都渋谷区代々木町50-11
      電話03-3466-3311
      http://www.mofa.gov.vn/vnemb.jp
    • 国際機関日本アセアンセンター観光交流部
      東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1F
      電話03-5402-8008
  • ベトナム
    • 警察:電話113
    • 消防:電話115
    • 救急:電話114
    • 在ベトナム日本国大使館
      27 Lieu Giai Street, Ba Dinh District, Hanoi
      電話:04-3846-3000
      http://www.vn.emb-japan.go.jp
    • 在ホーチミン日本国総領事館
      261 Dien Bien Phu street, District 3, Ho Chi Minh City
      電話:08-3933-3510
      http://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp
11.祝祭日
詳細はこちら
コンセントの形状 コンセントの形状
北部、中部、南部で気候が異なる 北部、中部、南部で気候が異なる
 
GoToTopPage