サムイ島

サムイ島

旅のヒント

旅のヒント

南北25キロメートル、タイ国内では3番目に大きな島として知られるサムイ島は、プーケット島とはマレー半島を挟んで反対側のタイ湾に浮かぶ島。近年はプーケットに次ぐ有数のリゾートアイランドとして人気ですが、島全体が緑で覆われ、町もリゾートも静かな雰囲気。滞在エリアとなるビーチは、島の北部から東部にかけて点在しています。移動にはソンテオやタクシーを使うことになりますが、南部にまで足を伸ばすならレンタカーを使うのも一案でしょう。

ビッグ・ブッダ寺院

ビッグ・ブッダ

島の北東部にある小さなフアン島に建立された黄金の仏像でで、サムイ本島からは陸続きになっています。仏像は高さ15メートル以上あり、サムイ島を見守るように鎮座しています。周囲は回廊になっていて、サムイ島のほかパンガン島なども美しく眺められるでしょう。

サムイ・モンキー・シアター

サムイ・モンキー・シアター

島内にいくつかある観光客向けのアトラクション施設のひとつです。タイ南部では、樹上になるココナッツの実を収穫する際に、人間に代わって木登りが上手なサルたちが活躍してきました。ここでは、そんなサルのココナッツ落としやギター弾きなどかわいらしい芸を見ることができます。記念撮影もばっちりで、家族連れなどにおすすめです。

COLUMN サムイ島の人気ビーチ

COLUMN サムイ島の人気ビーチ

にぎわいの中心は、東海岸にあるチャウエン・ビーチです。全面遠浅の穏やかな海岸なので、ファミリーでも安心して遊べるでしょう。2番目に人気なのはさらに南下したラマイ・ビーチですが、ここはバンガローなどに長期滞在する人が多いことで知られています。プライベート感覚を重視する滞在なら、北東端に近いチョーン・モン・ビーチなどもおすすめです。サムイ島には、ここを始め切り立った崖で周囲と遮断された隠れ家的なビーチがいくつかあり、崖上に建つ高級ホテルに滞在しながらプライベート感覚で静かな時間を過ごすというスタイルも人気となっています。

GoToTopPage