フィリピンのバロック様式教会

フィリピンのバロック様式教会

サンタマリア教会
サンタマリア教会(内部)

16世紀後半、当時フィリピンを統治していたスペインにより建設されたマニラ、サンタマリア、パオアイ、ミアガオにある教会はヨーロッパのバロック様式に中国・フィリピンの様式が混ざった、非常にユニークなものです。また、地震や台風の多いフィリピンの風土を考慮し、重厚な石造りとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>フィリピンの次の世界遺産を見る

世界遺産トップページへ

GoToTopPage