マニラ

マニラ

旅のヒント

旅のヒント

「マニラ」とひと言で呼ばれることが多い首都ですが、「メトロ・マニラ」(マニラ首都圏)が正式名称。12の市と5つの行政区から構成されています。高層ビルと庶民的な下町、スペイン統治時代の建造物などが混在する街並みや、活気ある人々の暮らしぶりはフィリピンを象徴するものといえるでしょう。ショッピングやエンターテインメントが充実しているのはマニラ湾沿いのマカティ地区。時間があれば、LRTやMRTを活用してケソン市まで足を伸ばしましょう。

マラカニアン宮殿

19世紀初頭にスペイン軍の将軍の離宮として使われて以降、フィリピンの歴代最高責任者が使用してきた大統領官邸。1986年のマルコス政権崩壊の際に、市民がここを包囲したことで世界的な注目を集めました。パシッグ川沿いにあり、白亜の壁と赤茶けた屋根のコロニアル様式が目を引きます。現役の官邸ではありますが、一部を博物館として公開。歴代大統領の肖像が見られるほか、豪華な調度品で飾られた邸内を見学することができます。(2014年1月現在、休業中)

サンチャゴ要塞

サンチャゴ要塞

1571年から150年もの歳月をかけて建造された石造りの要塞で、マニラの戦いの歴史が刻まれた建造物です。要塞内部には、19世紀末に活躍し、フィリピン独立の父として慕われる国民的英雄ホセ・リサールの記念碑もあります。「壁の中の市」という意味を持つ、マニラ湾沿いの城壁都市イントラムロスにあります。

リサール公園

リサール公園

サンチャゴ要塞やマニラ大寺院などの見どころに隣接するこの公園は、マニラ湾に沈む夕日が目の前に望める絶好のビュースポットとして知られています。日没の時間になると、多くのカップルなどでにぎわう光景が見られるでしょう。58万平方メートルの広大な園内は緑が豊かで、池や子ども遊園地、国立博物館などがあります。

マニラ大寺院

マニラ大寺院

城壁都市・イントラムロス地区のシンボル的な存在である、1581年に建てられた教会。地震や戦災などにより破壊と再建を繰り返し、バチカンの援助を受けて1958年に建造されたものが現在の建物です。尖塔やドーム、正面にあるバラ窓、4500本のパイプオルガンなど、マニラ・カトリック大司教の本拠としての威容を誇っています。

サンアグスチン教会

サンアグスチン教会

16~17世紀に、マニラではバロック様式の教会が多数建築されましたが、その多くが戦争によって破壊されました。この教会は、戦禍を免れ当時のままの姿を保っている唯一の教会として知られています。1587年に着工し1606年に完成した石造りの建物は、現在外観こそ化粧直しが施されましたが、建造当時の美しい姿を今に伝えています。フィリピンやスペイン、中国など関係国の宝物を展示する博物館も併設しています。

カーサ・マニラ

カーサ・マニラ

マニラ湾沿いのイントラムロス地区にあるコロニアル様式の建造物。19世紀中頃の建築という3階建ては現在、往時の上流階級の暮らしぶりを紹介する博物館になっています。重厚な趣漂う館内では、エレガントな書斎やベッドルーム、大広間などを見ることができ、優雅な暮らしだったことが伺えます。

メトロポリタン美術館

イントラムロス地区南方のマラテ地区にある、フィリピン人芸術家の作品を中心に展示する美術館。セントラル・フィリピン銀行のコレクションが見もので、黄金をふんだんに使ったチョーカーやネックレスなどの豪華な装飾品を見ることができます。

ココナッツ・パレス

ココナッツ・パレス

マニラ湾を望む絶好のロケーションを誇る、かつての迎賓館です。マルコス元大統領が建造したもので、建物のおよそ7割がココナッツでできていることからこの名が付けられました。豪華な調度品、フィリピン各地の地名が付けられた7つの寝室などを見ることができます。

マニラ湾

マニラ湾

近代的な街並みが強く印象に残るマニラで、生き生きとした自然の息吹を感じさせるのがこのマニラ湾でしょう。訪れたら誰もが一度は目にする湾の夕景は、マニラ観光のハイライトのひとつといえる美しさです。リサール公園やココナッツ・パレス周辺の緑地でのんびりと、両者を結ぶロハス大通りを散歩しながらと、好みのスタイルで絶景を楽しんでください。湾内には太平洋戦争時、日米の激戦地となったコレヒドール島があります。

アヤラ博物館

マニラ湾から5キロメートルほど内陸部に建つ、フィリピンの歴史と文化を紹介するミュージアム。石器時代から1986年の2月革命までを、ミニチュアのジオラマを使って分かりやすく解説しています。各年代ごとの船の模型を集めたボートルームも必見です。

キアポ教会

1586年建造という歴史的な建物もさることながら、珍しい黒い十字架とキリスト像をぜひ目にしたい教会です。「ブラック・ナザレ」と呼ばれる等身大の黒いキリスト像は17世紀にメキシコから運ばれたもの。毎年1月に行われる「ブラック・ナザレ祭り」は、屋外に出されるキリスト像をひと目見ようと、大勢のカトリック信者が集まり、盛大に繰り広げられます。

中国人墓地

チャイナタウンの北側に位置し、マニラで最も古い墓地の一つである中国人墓地は、1850年代のスペイン植民地時代にスペイン墓地への埋葬が許されなかった中国人のために造られたものです。墓には塀や門が設けられ、なかには台所やバスルームまで付随させたものもあり、中国の文化的な特徴を見ることができます。

COLUMN マニラのショッピングガイド

COLUMN マニラのショッピングガイド

マニラでのショッピングの中心となるのが、高級ブランドからカジュアルブランド、日用品や雑貨までが一堂に集まるショッピングセンターやショッピングモールです。人気のショッピングエリアはマニラ湾沿いに広がるマカティ地区と、北東側にあるオルティガス地区。「グロリエッタ」、「6750アヤラ・アベニュー」、「SMメガモール」、「シャングリ・ラ・プラザ」、「ロビンソンズ・ギャレリア」などが代表的なショッピングセンター&モールです。

GoToTopPage