グルメ

他の東南アジア各地域の料理との共通点を持ちながら、中国やスペインを初めとする各国の文化を取り入れて発展したフィリピン料理。醤油を多用するなど日本料理の影響も垣間見られ、国の歴史をそのまま映す料理といえるでしょう。主食は米で、ここに煮込み料理やスープなどのおかずをかけて食べるスタイルが一般的。最初はちょっと抵抗があっても、地元の人にならってチャレンジしてみると、その複雑な味わいに魅了されるでしょう。

1.フィリピン料理
甘味や酸味を重視し、辛い料理はほとんどないなど日本人にも食べやすいものが多いようです。地方ごとに特色が異なりますが、高級料理店から庶民派の食堂まで食べ歩きを楽しんでみてください。また、ウベアイスを筆頭にデザートメニューも豊富です。以下に挙げるものが代表的なメニューになります。
◆シニガン・スープ
フィリピンを代表するスープ料理。トマト、タマネギ、大根、シシトウなどの野菜類に、エビなどの魚介類や肉類を加えて煮込み、タマリンドで酸味を付けたもの。栄養たっぷりなうえ、辛くないのでぜひ試してみてください。
◆キニラウ
生の魚介類を酢でしめていただく料理です。タマネギやキュウリなどの野菜が入り、レモンを加えるためさっぱりとした風味。地方によって使う魚介が異なります。
◆アドボ
肉や魚介、野菜の炒め煮の総称ですが、特に豚や鶏の甘辛煮が出されることが多いようです。スペインから伝わった酢漬け法がベースとなっていますが、日本料理の影響を受けて現在は酢に加えて醤油を使うのが一般的。ローリエやニンニク、黒コショウの風味がご飯によく合って食欲を誘います。フィリピンを代表する家庭料理です。
◆カレカレ
カレーを連想させる名前ですが、実際は牛モツなどをピーナッツソースで煮込んだマイルドな味わいの料理です。一般的に牛テールが用いられますが、豚のホホ肉や鶏肉のものも。小エビの塩漬けとともにいただきます。クセがありますが、食べているとヤミツキになるかも!?
◆エスカベッチェ
揚げた魚に甘酢あんをかけた料理。何となくスペイン語のような響きを感じさせる料理名ですが、フィリピンではこれ以外にも甘酢あんやトマトソースの料理が多く、スペイン文化の影響を感じさせます。
◆レチョン
豚または鶏の丸焼きのこと。豚の丸焼きはレチョン・バボイ、鶏の丸焼きはレチョン・マノックと呼ばれていて、特にバボイは高価なため祝いの席などでよく登場します。製法は中華料理の丸焼きに似ていて、内臓を取り除いた肉を串刺しにしてゆっくり回しながら丸1日かけて焼いていきます。パリパリの皮とジューシーな肉が美味です。
◆ウベアイス
フィリピンでよく見かける紫色のアイスクリームです。ウベはフィリピンでポピュラーなイモの一種で、鮮やかな紫色は天然のものです。マイルドな味わいに虜になる人も多く、マニラの空港などではおみやげ用のものも売られています。
◆ハロハロ
フィリピンのデザートといえばこれ!というほどポピュラーなスイーツです。カキ氷に、ナタデココと甘く煮た豆、ココナッツやコーンフレークを入れ、ウベアイスを乗せたものが一般的。「ハロハロ」とは混ぜるの意味で、その名のとおり混ぜて食べるのがフィリピン流です。リゾートでのひとときなどにぜひどうぞ。
ヘルシーなシニガン・スープヘルシーなシニガン・スープ
家庭料理の代表格アドボ家庭料理の代表格アドボ
ウベアイス入りのハロハロウベアイス入りのハロハロ
クセになるカレカレクセになるカレカレ
レチョン・バボイレチョン・バボイ
GoToTopPage