シンガポール植物園

シンガポール植物園

botanical garden

シンガポール都市部に位置するこの植物園は英国風のコロニアル庭園から、教育と自然保護のための世界的な科学施設へと発展しました。その景観には豊かな歴史的要素、植栽、建築物が含まれており、1859年の開園から続く開発が見てとれます。この植物園は科学、研究、植物保全などの活動の重要な役割を担っており、特に1875年に東南アジアで始まったゴムの木の栽培にも深く関連しています。

 

 
   

 

 

 

 

 

世界遺産トップページへ

GoToTopPage