キナバル国立公園

キナバル国立公園

キナバル山
ラフレシアの花

ボルネオ島北部、マレーシアのサバ州にあるキナバル国立公園には、標高4095メートルのキナバル山がそびえ立ちます。キナバル山の垂直分布は多様です。麓の豊かな湿地林に始まり、山地帯、亜高山帯、さらに山頂近くの低木林には東南アジアの種々の植物が見られ、中でもヒマラヤ、中国、オーストラリア、マレーシア地区特有の汎熱帯植物は多種見受けられます。標高に応じて変化する豊かな植生は見もので、ランやウツボカズラ、ときには世界最大の花として知られるラフレシアに出会えることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

>>マレーシアの次の世界遺産を見る

世界遺産トップページへ

GoToTopPage