ランカウイ島

ma_map3

旅のヒント

旅のヒント ランカウイ島

タイ国境近くのアンダマン海に浮かぶランカウイ諸島の中心となるのが、東西30キロ、南北20キロのランカウイ島。全島デューティーフリーとなっていて、中心部となる島南東部のクアには数多くの免税店が集まっています。ビーチを目の前にしたリゾートホテルは島西部のパンタイ・チェナンやパンタイ・コッ、北部のタンジョン・ルーなどに集中。島内ではタクシー移動が便利です。

ワシ広場

ワシ広場

クアの中心部から少し外れたフェリーターミナル近くにある、巨大なワシの像が建つ公園。ランカウイ島が発見されたとき、ワシ(マレー語でラン)が大理石(カウイ)の岩盤から飛び立とうとしていたという伝説が今に伝わっています。そのためこの島はランカウイと名付けられ、島のシンボルとして建てられたのがこのワシの巨像です。

マスリ王女の墓

マスリ王女の墓

クアから車で約15分。不思議な伝説が残るかつての王女マスリの墓がこちら。王女は王の不在中に不貞の疑いをかけられて、処刑を言い渡されました。そして王女は「自分が潔白ならば、白い血を流すだろう」と話した通り、処刑の際、白い血を流したといいます。以後7代にわたって島は王女の呪いを受け、ランカウイ島の砂浜が白いのはそのためと伝えられています。

黒砂海岸

黒砂海岸

目にまばゆい白砂のビーチが続くランカウイ島にあって、島北部のここは、白砂の上に黒光りした砂がわずかに堆積し、美しい白黒模様が描かれた珍しい場所。海底の鉱物が打ち上げられたために見られる現象といいますが、なぜこの場所だけに起きるのかは解明されていません。寄せては返す波によって模様を変える美しいビーチを心ゆくまで堪能してください。

COLUMN ランカウイ島のおすすめビーチ

COLUMN ランカウイ島のおすすめビーチ

島西部のパンタイ・チェナンは、ビーチ沿いにショップやレストランが軒を連ねるもっともにぎわうビーチエリア。高級からリーズナブルまで多彩なホテルも集中し、昼夜を問わず世界各国からの旅行者でにぎわっています。島内の高級リゾートエリアは、北西部のダタイ・ベイと北部のタンジュン・ルー。白砂のビーチの沖合いに木々がうっそうと茂った小島が浮かぶ、ランカウイ島らしい風景を目の前にした高級ホテルが点在しています。

GoToTopPage