ルアンパバーンの町

ルアンパバーンの町

托鉢する僧侶達
ワット・シェントーン

首都ビエンチャンからメコン川を遡ることおよそ400キロメートル。現在のラオスの基礎となるランサーン王国(1353~1779年)の都として栄え、80もの寺院が建設された古都ルアンパバーン。王朝時代に花開いた華麗な仏教文化の足跡が残ることから、世界文化遺産に登録されています。また、伝統的な建物と、19世紀から20世紀にかけてフランスの保護領だった時代に建設された洋風建築とがとけあい、独特の雰囲気を持つ町です。保存状態もよく、ふたつの異文化の混在がユニークです。寺院が多いため、早朝には托鉢する多くの僧侶の姿を見ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

>>ラオスの次の世界遺産を見る

世界遺産トップへ

 
GoToTopPage