旅の基本情報

1.通貨
単位はKip(キップ)。紙幣はKip10万、5万、2万、1万、5000、2000、1000、500、100で、硬貨は使われていません。
2.両替
空港や都市部の銀行、ホテル、両替所、旅行会社などで日本円から直接キップへ両替することができます。しかし、キップへの信用が不安定なため、US$やタイ・バーツも広く普及しています。首都ビエンチャンでは、ほとんどの屋台でもUS$が利用できます。事前に小額のUS$を用意しておくのがおすすめです。
3.チップ
チップの習慣はありません。ただし、高級ホテルやレストランでは、心付け程度のチップを渡す人も多いようです。
4.電話
  • 国際電話
    ホテルの客室内の電話や公衆電話からかけることができます。直通のほか、日本語オペレーターを通して相手の電話番号につなぐ方法もあります。
    直通電話のかけ方:国際電話識別番号00+日本の国番号81+市外局番の最初の0を取った番号+先方の電話番号
  • 日本からラオスへ
    ラオスの国番号は856です。
    直通電話のかけ方:各社の国際識別番号+国際電話識別番号010+ラオスの国番号856+市外局番の最初の0を取った番号+先方の電話番号
5.水
水道水は飲用できません。地方では地下水が一般的に利用されています。ミネラルウォーターを購入して飲用しましょう。
6.電圧とプラグ
220ボルト、50ヘルツ。コンセントプラグは丸形2穴タイプとなります。日本の100ボルト仕様の電化製品を使用する場合は変圧器、丸形2穴タイプの交換アダプターが必要です。
7.時差
ラオスと日本の時差はマイナス2時間。日本が正午のとき、ラオスは午前10時になります
8.気候
熱帯モンスーン気候に属し、暑季(3~5月)、雨季(6~10月)、乾季(11~2月)の3つの季節に分かれます。暑季は夜になっても気温が下がらず、内陸部のビエンチャンなどはかなり高温となります。雨季はスコールが降るようになり、気温は少し下がります。乾季は、日中こそ暑い日々が続きますが、朝晩は上着が必要なほどに気温が下がります。
9.治安
ビエンチャンやルアンパバーンなどの都市部は、東南アジア屈指の治安のよさを誇ります。スリや置き引き、引ったくりなどに十分に気をつけ、夜間の一人歩きを避けるなど一般的な注意を払っていれば問題ないでしょう。山岳部へ足を延ばす場合は、武装集団が潜伏するエリアもありますので、事前に外務省の海外安全情報などで確認しておきましょう。
10.おもな連絡先
  • 日本
    • ラオス人民民主共和国大使館
      東京都港区西麻布3-3-22
      電話03-5411-2291
    • 国際機関日本アセアンセンター観光交流部
      東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1F
      電話03-5402-8008
  • ラオス
    • 警察:電話191(事件・事故の場合)
    • 警察:電話212706(一般犯罪警察)
    • 救急:電話190(火災の場合)
    • 救急:電話212707(消防署)
    • 在ラオス日本大使館
      Road Sisangvon, Vientiane
      電話021-41-4400
      http://www.la.emb-japan.go.jp/
    • ラオス人民民主共和国大使館(バンコク)
      502, 502/1-3 Soi Sahakarnpramoon, Pracha Uthit Road, Wangthonglang, Bangkok
      電話66-2-539-6667
11.祝祭日
詳細はこちら
コンセントの形状 コンセントの形状
毎年4月中旬に行われる正月の風景 毎年4月中旬に行われる正月の風景
 
GoToTopPage