ロレンツ国立公園

ロレンツ国立公園

面積250万ヘクタールと、東南アジア最大の保護区ですが、特記すべきはその広さだけではありません。万年雪を載せた山々や広大な低地湿地帯を含む熱帯海洋地区などの手付かずの自然が連なるトランセクトを擁する保護区は世界唯一です。ふたつの大陸塊の衝突でできたこの地帯では、現在も進行中の地形の変動や、氷河作用による浸食など様々地質学的特長に富んでいます。また化石が多くある地帯でもあり、それら化石はニューギニアにおける人類の進化やこの地帯の非常にユニークな多様性を物語っています。

 

>>インドネシアの次の世界遺産を見る

世界遺産トップページへ

GoToTopPage