サンギラン初期人類遺跡

サンギラン初期人類遺跡

1936年から1941年に行われた発掘調査で、この土地で初めて人骨化石が出土し、その後約50のジャワ原人(ピテカントロプス・エレクトゥス)などの骨が発見されました。約150万年前のものと見られ、サンギランは人類の進化を知る上で非常に重要な遺跡です。

 

>>インドネシアの次の世界遺産を見る

世界遺産トップページへ

GoToTopPage