プランバナン寺院遺跡群

プランバナン寺院遺跡群

8~9世紀に南部ジャワ島を支配したヒンドゥー教国家「マタラム朝」が創建した寺院。ジョグジャカルタの東方約15キロメートルにある世界遺産で、インドネシア最大の敷地面積を持つヒンドゥー教寺院群です。中央に建つ高さ47メートルのシヴァ堂は王家の霊を祀る霊廟。離れれば威風堂々たる姿、近づけばレリーフや彫刻の繊細な技に驚きを覚えることでしょう。外壁に描かれた古代インド叙事詩「ラーマーヤナ」をモチーフにしたレリーフは必見です。

 

 

 

 

 

 

 

>>インドネシアの次の世界遺産を見る

世界遺産トップページへ

GoToTopPage