サンボー・プレイ・クック

サンボー・プレイ・クック  -古代イーシャーナプラの遺跡-

 

20170714_111013

クメール語で「豊かな森の寺」を意味するソムボー・プレイ・クック遺跡群は6世紀後半から7世紀初期に栄えた、チャンラ王国の首都であるイーシャーナプラとして見なされてきました。この25平方キロメートルの範囲に及ぶ都市跡は、城郭都市の中心と数々の寺院を含み、その中の10の寺院は東南アジアでは珍しく八角形です。

この遺跡で見られる装飾された砂岩の要素はソムボー・プレイ・クックスタイルとして知られており、アンコール期前の装飾的な表現法の特徴です。その中でも、まぐさ石、ぺディメントや列柱はまさに傑作といえます。ここで発展した芸術や建築は、周辺地域の手本となり、アンコール期特有のクメールスタイルの土台となりました。

 

20170714_104242

 

 

 

 

 

Photos from Ministry of Tourism Cambodia

 

 

世界遺産トップページへ

GoToTopPage