アンコール遺跡群

アンコール遺跡群

アンコール遺跡群1アンコール・ワット
アンコール遺跡群2アンコール・トム

アンコールは、考古学上最も重要な東南アジアの遺跡のひとつです。約400平方キロにわたり、森林とともにアンコール遺跡群が点在します。アンコール・ワットをはじめ、アンコール・トムのバイヨン、数え切れないほどのレリーフなど、9世紀から15世紀までのクメール帝国のいくつかの首都のすばらしい遺跡を見ることができます。中でも有名なアンコール・ワットは、クメール王朝のスールヤヴァルマン2世が12世紀前半、30年もの年月をかけて建造した一大石造遺跡。外周およそ5キロメートルの外堀に守られた約200ヘクタールもの広大な敷地の中には、高さ65メートルの本殿中央祠堂を中心に、ヒンドゥー教の宇宙観を具現化したという幾何学的な大伽藍が展開されています。数多くあるレリーフのた中でも、「乳海撹拌」は有名です。また、アンコール・ワットと並び、遺跡の代表格として人気なのがアンコール・トム。10万人の人々が暮らした12~15世紀の王都です。木造の王宮や館は朽ち果てていますが、環濠や石造りの建造物が各所に点在。なかでもハイライトとなる仏教寺院バイヨンは、迫力ある四面仏顔像が林立し、摩訶不思議な空間が広がっています。中央祠堂を二重に囲む回廊に刻まれたレリーフも見どころです。

 

>>カンボジアの次の世界遺産を見る

世界遺産トップページへ

GoToTopPage