シェムリアップとその周辺

旅のヒント

旅のヒント

高級ホテルなどが続々と誕生し、アンコール遺跡群への観光の拠点として目覚しい発展を遂げるシェムリアップ。国道6号とシェムリアップ川が交差するあたりから南側が中心地で、ホテルやツーリストインフォメーションなどが集まっています。一方で、庶民の人々の活気に満ちたオールドマーケットなど、かつての町の姿も各所に残されています。カンボジア屈指の治安のよさを誇るだけに、裏路地散歩などを楽しんでみてはいかがでしょう。

オールドマーケット

オールドマーケット

シェムリアップ川のほど近くにある市民の台所。決して大きくはありませんが、朝早くから野菜やトンレサップ湖で取れた魚介類などが並び、活気に満ち溢れています。地元の人が集う買い物のピークは朝8時頃。その後は観光客の姿が増え始め、民芸品店などが人気を集めます。リーズナブルな掘り出し物もあり、カンボジアみやげを探しにぜひ足を運びたいところです。

トンレサップ湖

トンレサップ湖

市街からおよそ10キロメートルの場所に、東南アジア最大規模を誇るこの湖があります。乾季は深さ1メートル、面積3000平方キロメートルほどですが、雨季になると深さ12メートル、面積1万平方キロメートルにも拡大。周囲の自然景観を含めて姿は一変します。各所には漁業を生業とする人々が暮らすいくつもの水上家屋が建ち、ひとつの町を形成。湖畔では、こうした家々を巡りながら水上の人々の暮らしを垣間見るチャーター用ボートを手配できます。

COLUMN 遺跡リゾートのススメ

COLUMN 遺跡リゾートのススメ

アンコール遺跡群が世界有数の観光地となるにつれて、その起点となるシェムリアップには、ここ10年ほどの間で世界的なホテルチェーンを含めて数多くの高級リゾートが進出しています。ゴルフコースを併設したリゾートホテルも何軒かオープンしました。この町では今、遺跡観光と上質なホテルステイを同時に楽しむのが人気の旅スタイル。旅行プランに、スパやレストランなど、ホテルで過ごす楽しみも組み込んでみてはいかがでしょう。

COLUMN レンタサイクルで自由な旅を

シェムリアップ市内や周辺、さらにはアンコール遺跡群を観光する際、体力に自信のある人は自転車を借りて巡ってみてはいかがでしょう。シェムリアップ中心部のワット・ポー通りには数多くのレンタサイクルショップがあるほか、主要ホテルのなかでも宿泊客向けに自転車の貸し出しを行っているところがあります。ただし、一年を通じて日本よりも高温多湿の環境となり、想像以上に体力を消耗します。サイクリングをする際は、体調の管理と十分な水分補給を心がけるようにしましょう。

GoToTopPage