観光交流部事業のご紹介-2014年度

日本アセアンセンター・観光交流部では、日本とASEAN諸国間の観光・交流を促進するために、以下の事業を行っています。

若年層向け交流事業

カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムの観光学を専攻する学生を日本に招聘し、日本の学生たちとの交流や、日本に関する研修を行います。また、日本の学校や大学で、ASEAN紹介の出張授業を行います。

観光従事者招聘事業

ブルネイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールより、管理職レベルの官民の観光従事者を日本に招聘し、研修を行います。参加者は、日本の観光マーケットや、コミュニティー・ベースド・ツーリズムについて学びます。

CLMVトラベルマート

カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムから、中小の旅行関係業者を招聘し、日本アセアンセンター併設の多目的ホール、アセアンホールで日本の旅行業者との商談会を行います。会期中には、セミナーも開催します。

インバウンド観光促進事業

「ASEANからのムスリム観光客受入れセミナー」を日本各地で開催します。また、九州にASEANの旅行業者を招聘して、新たな観光商品の造成に役立ててもらいます。

アウトバウンド観光促進事業

タイムリーなトピックや、新たなデスティネーションを紹介するテーマのセミナーを開催します。

人材開発・文化交流事業

ASEANの若手・女性起業家を日本に招聘し、円卓会議やシンポジウムを開催します。

ASEAN留学生就職支援

ASEANの留学生を対象に、日本の就職の仕組みに関するセミナーを実施します。ASEANの留学生の雇用に関心のある日本企業を対象にも、留学生の就職事業に関するセミナーを実施します。手・女性起業家を日本に招聘し、円卓会議やシンポジウムを開催します。

広報活動

主要観光・国際関係のイベントへの出展や、他団体や学校などと協力してイベントを開催します。

観光情報の提供

ASEANの観光促進のためのマップ、パンフレット、DVD、写真画像などを、旅行業者や一般の方々へ配布、貸出を行います。センターウェブサイトやメールマガジンを通じて、情報提供を行います。アセアンホールでのイベントやセミナー等を通じての観光交流事業を実施します。

 

GoToTopPage