観光交流部事業のご紹介-2013年度

日本アセアンセンター・観光交流部では、日本とASEAN諸国間の観光・交流を促進するために、以下の事業を行っています。

観光従事者招聘事業

カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムより、管理職レベルの官民の観光従事者を日本に招聘し、研修を行います。参加者は、日本の観光マーケットや、文化遺産を活かした観光振興について学びます。

ASEANフェスティバル2013

ASEAN10カ国の文化、食、エンターテイメントが一度に楽しめるイベントを、東京または東京近辺の公園で開催します。

CLMVトラベルマート

カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムから、中小の旅行関係業者を招聘し、日本アセアンセンター併設の多目的ホール、アセアンホールで日本の旅行業者との商談会を行います。会期中には、セミナーも開催します。

インバウンド観光促進事業

「ASEANからのムスリム観光客受け入れセミナー」を、自治体等と共催で、日本各地で開催します。

アウトバウンド観光促進事業

在京の政府観光局などと協力し、ASEANの観光魅力を紹介するセミナーを、アセアンホールその他で開催します。

広報活動

主要観光・国際関係のイベントへの参加・出展や、他団体や学校などと協力してイベントを開催します。

観光情報の提供

ASEAN観光促進のためのマップ、DVD、写真画像などを、旅行業者や一般の方々へ配布、貸出しを行います。また、ASEAN観光に関する最新情報をセンターホームページを通じて提供するとともに、問い合わせにも応じます。加えて、アセアンホールでのイベントやセミナー等を通じての観光広報事業・交流事業も実施します。

 

GoToTopPage