<ASEAN設立50周年記念 ASEAN大使館関係者による香取市・佐原の訪問>

事業報告

日本アセアンセンターは、ASEANからの訪日インバウンド推進事業として在京ASEAN大使館関係者を招聘し、千葉県香取市佐原の視察訪問を行いました。佐原の町並みは日本遺産に認定されており、また昨年には山車行事がユネスコの無形文化遺産に登録されています。

本事業はASEAN設立50周年を記念し、香取市からの招待を受けて、国土交通省関東運輸局の協力のもとに実施されました。

在京大使館関係者は、佐原の大祭秋祭りや古民家を改修した宿泊施設などの佐原の観光資源や市内の六次産業施設の視察をした後に、香取市長を交えた情報交換会に参加しました。

 

【日 程】2017年10月13日(金)

【訪問先】佐原の大祭秋祭り、古民家改修施設ほていや、和郷園農産加工施設 等

【参加大使館】カンボジア、ラオス、ミャンマー、フィリピン 、タイ、ベトナム (計10名)

【協 力】 関東運輸局

IMG_4602   IMG_4546

20171013ASEAN関係者招請事業 (6)

 

GoToTopPage
スマートフォンサイトを表示