シンガポールの投資ガイド Country Profile and Investment Guide (Singapore)

グローバルな事業と投資に魅力的なハブ

アジア太平洋地域の戦略的な位置にあり、卓越したインフラを備えるシンガポールは、金融の中心地、地域貿易の主要な中心地、世界で最も多忙な港、そして魅力ある経営拠点としてよく知られています。

エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(Economist Intelligence Unit)は、インフラ、労働コスト、法人税、政治腐敗水準など70の要因を勘案したうえで、シンガポールは向こう5年間、アジアで最良の事業地であると結論を下した。多くの多国籍企業 (MNC) も同じ結論に達しました。1960年代にシンガポールの工業化プログラムが開始されて以来、初期の多国籍企業が当地に事業を設立しています。

今日では6,000社を超える多国籍企業がシンガポールで事業を展開しています。うち3,000社は地域拠点としてシンガポールを利用しており、その中の 800社は世界規模の市場向けに製造を行なっている。これらの企業はシンガポールの国際レベルの事業施設と効率的な労働力をテコに、サプライチェーン管理、戦略的計画設定およびビジネス開発、人的資源管理、トレーニング、技術サポート、マーケティングおよび研究開発を行っています。

多国籍企業の力強い存在は、資金の利用可能性、良好な知的所有権保護と相まって、ハイテクの新興企業にとって活気ある拠点となっています。多くの技術系企業は、その事業を国際化するために、資本、顧客、ビジネスパートナーを求めてシンガポールを拠点としています。

  内容
第1章 産業および投資分野の特別優遇措置 投資分野の特別優遇措置
産業および投資分野の特別優遇措置
訓練特別優遇制度
研究開発制度
外国人投資家に対する特別優遇措置
第2章 シンガポールの税制 法人所得税
個人所得税
地域駐在員
不動産税
消費税
第3章 輸出入規制  
第4章 労働法規および労使関係 一般的な状況
国家賃金評議会
中央積立基金
第5章 入国管理規定  
第6章 企業設立の必要条件 企業の営業許可および登録
企業登録局(RCB)が提供する情報サービス
第7章 産業・輸入企業を支援する公的機関 シンガポール経済開発庁
SPRINGシンガポール
JTCコーポレーション
国際企業庁:IEシンガポール
関連機関連絡先

本投資ガイドは、シンガポール国際商工会議所出版の「The Investor’s Guide to Singapore 2002 Edition(英文)」を、日本アセアンセンター及びシンガポール経済開発庁が抜粋・編集したものを外注和訳・印刷したものです。同会議所のご好意に対して感謝の意を表したいと思います。

なお、第7章記述は2002年に行われた組織変更を踏まえ、原本を大幅に編集しています。

GoToTopPage

事業のご案内(投資)