フィリピンの投資政策

 フィリピン政府は、望ましい活動分野への投資を奨励している。フィリピン政府は、国内外の投資家に、基本的な投資関連諸法律を知ってもらい、その諸法律の条項を明確化し全体として調和的な法体系になるよう努めている。

 このガイドは、大統領令第226号のもとでの現在の投資政策に関する基本的な疑問に答えるべく作成されたものである。 大統領令第226号は 「1987年オムニバス投資法」としても知られているもので全6部の構成であり、その各部が各種投資の説明となっている。

 第I部「奨励される投資」では、投資委員会(Board of Investments :BOI)に登録する投資家に与えられる各種恩典が分かり易く説明されている。 第II部「奨励措置が適用されない外国投資」は現在無効となっており、それを改正したものが共和国法7042号「1991年外国投資法」である。

GoToTopPage

事業のご案内(投資)