5. 外国投資を管理する組織:投資奨励管理委員会(CPMI)

計画投資委員会(Committee for Planning and Investment—CPI)のもとに設立された投資奨励管理委員会(CPMI)が、外国投資を監督(改正ラオス外国投資奨励法施行細則[2005]第50条)する。投資奨励管理委員会(CPMI)は、中央レベルの投資奨励管理委員会(CPMI)と地方レベルの投資奨励管理委員会(CPMI)の2つのレベルから構成される。計画投資委員会(CPI)大臣すなわちスリヴォン・ダラヴォン大臣が、中央レベルの投資奨励管理委員会(CPMI)の委員長をつとめる。また県知事あるいは都知事が、地方レベル(すなわち県や首都)の投資奨励管理委員会(CPMI)の委員長をつとめる。

GoToTopPage

事業のご案内(投資)