ラオス投資ガイド改訂にあたって

このたび、日本アセアンセンターでは、鈴木基義氏のご協力を得て、「ラオス投資ガイド」を改訂することとなりました。

2006年12月にミャンマー、タイ、ラオス、ベトナムを結ぶ東西回廊が開通したことにより、ラオスは、”Land Lock”から”Land Link”へと隣国とのネットワークが充実しつつあり、タイへ進出している日系企業の第2工場候補地として、また天然資源が豊富な投資先として注目されています。

この機会に、ラオスにご関心をお持ちの皆様に本ガイドをご活用の上、ラオスへの理解をさらに深めていただき、将来の投資の検討につなげていただければ発行者として大変幸甚です。

日本アセアンセンターでは、今後とも、アセアン各国の貿易、投資、観光に関する情報提供をはじめ、各種促進活動を実施、支援していく所存です。

2009年9月

国際機関日本アセアンセンター
事務総長 大西克邦

GoToTopPage

事業のご案内(投資)