コンテンツページを表示する。 | ナビゲーションへ移動

第1章 産業および投資分野の特別優遇措置

産業および投資分野の特別優遇措置

企業開発基金(Enterprise Development Fund)

企業開発基金(EDF)は、中小企業(SME)による事業の近代化、改善、拡張を支援するための奨励金を提供します。SPRINGシンガポール(規格・生産性・革新庁)によって運営されるEDFは、現地企業技術支援スキームおよび現地企業融資スキームという2つのスキームから構成されています。(詳細については、SPRINGのウェブサイトhttp://www.spring.gov.sgをご覧ください。)

資格を得るためには、SMEは次の条件を満たす必要があります。

  • 現地株主所有権30%以上
  • 固定資産(工場施設、機械、装置の純帳簿価額として定義されるもの)が1500万シンガポールドル以下
  • 雇用の規模が、非製造業の企業で従業員が200名以下

現地企業技術支援スキーム(Local Enterprise Technical Scheme)

現地企業技術支援スキーム(LETAS)は、外部の専門家を限定された期間派遣することで現地企業による事業の近代化、改善においてかかる費用負担を支援することが目的です。LETASでは、コンサルタントとの契約にかかる費用の70%までの財政支援を提供します。提供する支援のレベルは、業務の範囲、程度、効率性とシンガポール経済への貢献によって決定されます。

現地企業融資スキーム(Local Enterprise Finance Scheme)

現地企業融資スキーム(LEFS)は、現地企業による業務の向上、強化、拡張を奨励、支援するために開発された固定金利の融資プログラムです。このスキームは、参加する金融機関18社を通して提供され、工場、機械、運営資本、ファクタリング貸付設備に対して適用されます。貸付期間中の金利は固定で、月々の残高によって計算されます。

GoToTopPage