マレーシア

マレーシア

国旗解説

赤と白の14本の線は13州と連邦政府を、星の光線はその統一を、また、濃紺部分は国民の統一を表しています。三日月はイスラム教を象徴し、その三日月と星の黄色は、王家の色です。

「ルック・イースト政策」は日本マレーシア間の友好協力関係のシンボル

マレーシアは、イスラム教を中心としたマレー文化、中国文化、ヒンドゥー文化といった複数の文化が共存する多民族国家です。世界最古とも言われるマレーシアの熱帯雨林の一部は、その多様な生態系の貴重性から世界自然遺産に登録されています。かつてはゴム、石油、錫などの輸出に依存していましたが、1970年代以降、外資の積極的な導入により工業化や技術移転を推進し、急速な経済発展を遂げました。現在は2020年までに先進国入りを果たす「ビジョン2020」長期開発政策を推進中です。

1981年に就任した第4代マハティール首相は、アジアの先進国である日本に学ぼうという「ルック・イースト政策(東方政策)」を掲げました。マレーシアは日本への派遣留学と技術研修を積極的に実施し、両国の友好協力関係にも大きく貢献してきました。

駐日マレーシア大使館のご案内

駐日マレーシア大使館

〒150-0036 東京都渋谷区南平台町20-16

Tel. 03-3476-3840

  • 各国首都地図
面積 330,290㎢
人口 約3,078万人(2015年推定値)
首都 クアラルンプール
政体 立憲君主制(議会制民主主義)
主な言語 マレー語
主な宗教 イスラム教
通貨 リンギ

マレーシア情報

>> 関連情報
GoToTopPage