コンテンツページを表示する。 | ナビゲーションへ移動

ラオスの投資ガイド

第1章 社会・経済情勢
  1. 新経済メカニズム:自然経済から市場経済への移行
  2. 主要経済指標
  3. ASEAN自由貿易地域(AFTA)スキームへの対応
第2章 ラオス外国直接投資の現状
  1. 対ラオス外国直接投資の概況
  2. ビジネス・コスト
第3章 法整備状況
  1. 法システムの現状と特徴
  2. 外資関連法
第4章 投資形態と投資申請手続き
  1. 投資形態の分類
  2. 投資期間の制限
  3. 外国投資家による登録資本の最低制限と資本輸入制限
  4. 実物による投資の輸入
  5. 外国投資を管理する組織:投資奨励管理委員会(CPMI)
  6. ラオス投資奨励局(IPD)(旧・国内外国投資奨励管理局[DDFI])と投資奨励管理委員会(CPMI)の関係
  7. 投資奨励管理委員会(CPMI)の権限
  8. 外国投資の奨励地域・奨励分野、許可分野、条件付き許可分野、不許可分野および免許権を必要とする投資活動分野
    1. 投資奨励地域の設定
    2. 投資奨励分野
    3. 外国投資許可分野(第Ⅰ種)
    4. 条件付き外国投資許可分野(第Ⅱ種)
    5. 免許権を必要とする投資活動分野(第Ⅲ種)
    6. 外国投資不許可分野
    7. サワン・セノ経済特区における外国投資不許可分野
  9. 会社設立および投資申請手続き
    1. 外国投資許可証の署名権者、登録資本額および対象分野による分類
    2. 投資申請手続き
  10. 許可取得後の流れ
  11. 新しい流れ:『事業ネガティブネガティブリスト承認に関する首相政令』(2008)
  12. 統一ラオス投資奨励法の改正準備
第5章 輸入税の減免措置
  1. 国内において生産されていないかもしくは生産量の不十分な財の輸入に対する免税措置
  2. 半完成品の輸入に対する減免措置
  3. 付属品の輸入に対する減免措置
  4. 設備、機械、スペアーパーツの輸入に対する関税、物品税および取引税の免税措置
  5. 自動車の輸入に対する関税、物品税および取引税の免税措置
  6. 関税、物品税および取引税の免税措置を受けて輸入された車両の譲渡
第6章 貿易・金融・外国為替
  1. 輸入許可:奨励された投資に対する輸入措置
  2. 為替リスク等
    1. 国際取引における外国為替の使用制限の有無
    2. 内貨預金の開設および外貨への換金
    3. 外国為替相場の変動リスク
    4. 実物投資保証
    5. 送金制限
第7章 雇用・労働組合・賃金・労働時間・解雇
第8章 労働許可証・査証
  1. 外国人労働者の輸入申請手続き
  2. 査証
  3. 国内移動
第9章 土地・不動産に関する制限
第10章 輸送・ロジスティックの課題
  1. トラック協会
  2. 改善されたヴィエンチャン・バンコク間トランジット輸送
  3. 第2メコン国際架橋の完成と東西経済回廊陸路物流
第11章 紛争解決方法
  1. 紛争解決の基本原則
  2. 外国投資家とラオス政府との紛争解決
  3. 労働紛争
  4. ラオスの商事仲裁協会(ECONOMIC ARBITRATION OFFICE--- EAO)
第12章 有望市場:1,900億ドルの市場誕生
  1. 東西経済回廊・南北経済回廊・南部経済(第2東西経済回廊)
  2. サワン=セノ経済特区
  3. 労働集約的部品産業
  4. 観光産業と農業・牧畜業
【付録】 ラオス法律集[日本語訳]
  1. 改正ラオス外国投資奨励法 鈴木基義監訳 小山峰子訳
  2. ラオス労働法 中村晋太郎・鈴木基義訳
【参考文献】
 
GoToTopPage