ラオス

ラオス

国旗解説

赤は自由と独立のために流された血、白い丸は平和と輝かしい未来の展望、青は国家の繁栄とメコン河を表しています。

経済改革で新たな成長を目指す

ラオスは、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、中国の5つの国と国境を接し、ASEAN地域唯一の内陸国です。日本の本州程の面積の国土に約50の民族が暮らしており、国民の約70%が熱心な仏教徒です。メコン川が南北に流れ、水資源に恵まれた豊かな自然を擁しています。1975年以来の計画経済が行き詰まり経済発展が遅れていましたが、1986年に着手された「新経済メカニズム」と呼ばれる経済改革により、市場経済の導入と開放経済政策を進めています。主要産業は農業で、コーヒーは重要な輸出農産品です。その一方で観光産業にも力を入れています。

日本は政府開発援助事業の一環として、世界遺産に登録されているワット・プー遺跡を保護・保存するための無償協力や、橋や道路等のインフラ整備など、さまざまな経済協力を行っています。

駐日ラオス人民民主共和国大使館のご案内

駐日ラオス人民民主共和国大使館

〒106-0031 東京都港区西麻布3-3-22

Tel.03-5411-2291

  • 各国首都地図
面積 236,800㎢
人口 約703万人(2015年推定値)
首都 ビエンチャン
政体 人民民主共和制
主な言語 ラオス語
主な宗教 仏教
通貨 キップ

ラオス情報

>> 関連情報
GoToTopPage