ASEAN基礎情報

1.名称 東南アジア諸国連合
(Association of Southeast Asian Nations)
2.設立 1967年8月8日、於:バンコク
3.設立根拠 東南アジア諸国連合(ASEAN)設立宣言(通称「バンコク宣言」)
4.加盟国 (1) 原加盟国
インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ

(2)新規加盟国
 ブルネイ・ダルサラーム(1984年1月8日)
 ベトナム(1995年7月28日)
 ラオス、ミャンマー(1997年7月23日)
 カンボジア(1999年4月30日)

 

※ 加盟国は次の条約等に加入。

 ・東南アジア諸国連合(ASEAN)設立宣言

 ・ASEAN 協和宣言

 ・第二 ASEAN 協和宣言(通称「バリ・コンコードⅡ」)

 ・東南アジア友好協力条約(TAC)

 ・東南アジア平和・自由・中立地帯(ZOPFAN)構想

 ・東南アジア非核兵器地帯条約(SEANWFZ)

 ・ASEAN 事務局設立協定

5.設立目的 (1) 域内における経済成長、社会・文化的発展の促進。   
(2) 地域における政治・経済的安定の確保。   
(3) 域内諸問題の解決。
6.設立背景

(1)ASEAN成立以前の東南アジアには、
1961年にラーマン・マラヤ連邦首相(当時)の提唱でタイ、
フィリピン、マラヤ連邦の3ヶ国で結成された
「東南アジア連合(ASA)」が存在。

(2)ベトナム戦争を背景として、地域協力の動きが活発化し、
加盟国間の政治的問題等により機能が停止していたASAに
更にインドネシア、シンガポールを加えた新たな機構設立の機運が高まった。

(3)1967年8月5日、インドネシア、マレーシア、フィリピン、
シンガポール、タイの5ヶ国外相がバンコクに参集。
8月8日にASEAN設立を宣言する「バンコク宣言」が採択され、
ASEANが発足。これに伴い、ASAは発展的に解消。

GoToTopPage